Laravel学習帳

Laravel5.2の学習帳です。開発環境はXAMPP for Windows 5.6.19 / 本番環境はさくらサーバー(スタンダード)

環境構築

作業ツリーとステージ(Index)エリアの操作

作業ツリーとは実際に作業をしているディレクトリファイルのことです。

ステージ(※Indexともいいます)はリポジトリにコミットする準備をするための場所です。

作業ツリーとステージ(Index)エリアの操作では

・追加
・削除
・破棄
・無視
・スタッシュ(一時退避)

があります。

それぞれの意味とSourceTree上での操作について学習していきます。

 

追加

追加とは

作業ツリーにある作成ファイルおよび変更ファイルをインデックスに登録することを追加と言います。

 

SourceTreeでの操作

【解説】
作業ツリーにあるファイルを全てINDEXに移す場合は「Stage All」のボタンを押してもOK。

 

削除

削除とは

作業ツリー内のファイルを直接消しただけでは本当に削除したことにはなりません。

ステージに削除登録して、コミットすることでファイルが削除されたことになります。

 

SourceTreeでの操作

(1)削除対象ファイルを選択して右クリック ⇒「削除」をクリック

(2)Indexに移したあとコミットするとファイル(※この場合top.blade.php)が削除されます。

 

破棄

破棄とは

破棄とは変更した箇所(※Hunkといいます)を変更前の状態に戻すことを言います。

破棄する場合は作業ツリーに置いてないとできません。

なのでIndexに移動した場合は作業ツリーにに戻すことになります。

 

SourceTreeでの操作

(1)作業ツリーにある破棄したいファイルを右クリック ⇒ 「破棄」を選択します。

(2)破棄したファイルを確認すると編集前のデータに戻っているのが確認できます。

 

無視

無視とは

特定のファイルをSourceTreeの管理対象から除外する設定を無視といいます。

Laravelのプロジェクトには.gitignore というファイルに定義されています。

 

SourceTreeでの操作

(1)作業ツリーにある無視したいファイルを右クリック ⇒ 「無視」を選択します。

(2)確認ダイアログが表示されます。

無視するファイルは、ファイル名だけでなくパターンで指定することも出来ます。

(3)作業ツリーに .gitignore という無視するファイルを定義したファイルが作成されます。

(4)作業ツリーに .gitignore という無視するファイルを定義したファイルが作成されます。

作成された .gitignore ファイルをステージに追加して、コミットします。

これで「temp.txt」というファイルはSourceTreeから除外されます。

 

スタッシュ(一時退避)

スタッシュ(一時退避)とは

現在の作業ツリーの内容を一時的に退避させ作業前のクリーンな状態に戻すことをスタッシュと言います。

作業途中に急に割り込みで対応が必要な場合等で使用します。

割り込みで入った作業を行った後、元の状態へ戻せばOKです。

 

SourceTreeでの操作

(1)メニューの「スタッシュ」をクリック

(2)スタッシュのダイアログが開くので適当な名前を付けてOKをクリック

(3)画面左にスタッシュとして先ほど設定した名前が表示されます。

作業ツリーにあったファイルは一時避難してクリーンな状態になります。

(4)割り込み作業が終了したら、作成したスタッシュを選択してマウスを右クリック。

適用と削除がメニュー表示されるので適用を選択します。

(5)元に戻してもこのスタッシュは残っているので、マウス右クリックから削除を選びスタッシュを削除します。

 
作業ツリーとステージ(Index)エリアの操作については以上です。

 

-環境構築