Laravel学習帳

Laravel5.2の学習帳です。開発環境はXAMPP for Windows 5.6.19 / 本番環境はさくらサーバー(スタンダード)

環境構築

リポジトリの作成

gitをはじめるための最初のステップはリポジトリの作成です。

構成としてはローカル、リモート、HTTP公開用の三つのリポジトリを作成します。

 

リポジトリとは

リポジトリとは、ファイルやディレクトリの履歴を管理する場所のことです。

自分のパソコン内でバージョン管理するために作成したリポジトリ(Gitで指定したフォルダ)をローカルリポジトリといいます。

一方BitbucketやGithubに作成したリポジトリをリモートリポジトリといいます。

 

リモートリポジトリの作成手順

1)Bitbucketサイトにアクセスしてログイン

2)メニュー => リポジトリの作成

 

ローカルリポジトリの作成手順

Bitbucket上で作成したリモートリポジトリをクローンします。

1)SourceTreeの起動

2)メニューの「新規/クローンを作成する」をクリック。

3)ダイアログが表示されるので「リポジトリをクローン」のタブを選択し以下を入力。

   1.「元のパス/URL」の項目にリモートリポジトリのパスを入力

   2. 「保存先のパス」の項目にローカルリポジトリのパスを入力

 

HTTP公開リポジトリの作成手順

SSHでさくらレンタルサーバにログインしてコマンドラインでクローンコマンドを実行します。

前提条件として、さくらレンタルサーバからSSHプロトコルでBitbucketに接続可能な状態にしておく必要があります。

さくらレンタルサーバからSSHでbitbucketの接続テスト

 
1)SSHでさくらレンタルサーバにログイン

 
2)UNIXコマンドでホームディレクトリへ移動

cd /home/{アカウント}/

 
3)本番サーバ(さくらレンタルサーバ)からBitbucketのリモートリポジトリをクローンする

$ git clone https://{アカウント}@bitbucket.org/{アカウント}/{リポジトリ}.git {laravel project}
【構文】
$ git clone {リモートリポジトリのuri} {Laravel Project}
第一引数にリモートリポジトリのアドレス、第二引数にLaravelのプロジェクトを指定します。

 
4).envファイルを別でUP。

Laravelでデフォルトにある.gitignoreでは.env(環境設定ファイル)を設定しています。なので個別にFTPとかでアップします。

もちろん.envファイルの中身も本番用の設定情報にする必要があります。

 
5)vendorディレクトリにあるライブラリをインストール

vendorディレクトリ(Laravelのライブラリ)はcomposerで持ってきます。

【さくらレンタルサーバ】Laravelのvendorディレクトリを入れる

% php ../composer.phar install

これでローカル環境のリポジトリを本番に移す作業が完了しました。

Laravelがブラウザでプレビューできます。

以上です。

 

-環境構築