Laravel学習帳

Laravel5.2の学習帳です。開発環境はXAMPP for Windows 5.6.19 / 本番環境はさくらサーバー(スタンダード)

環境構築

Gitの用語集(まとめ)

ソースコードの管理は通常 Git で管理します。

Laravel でも Git で管理しやすいように設計されていますよね。

僕は Git を使ったことがなかったので、Laravel の学習と並行して Git も勉強しました。

Git の概念がなかなかつかめず、時間がかかりました。

今回はそんな人のために、もう一度整理したい人向けに Git の用語をまとめてみました。

 

重要キーワード

  • リポジトリ ( repository ) : データを保存する場所。
  • リモートリポジトリ ( remote repository ) : サーバにあるリポジトリ。
  • ローカルリポジトリ ( local repository ) : ローカルに保存されているリポジトリ。
  • クローン ( clone ) : リモートリポジトリを複製作成すること。
  • ブランチ ( branch ) : 一連の修正を、主流から枝のように分岐させて管理するもの。
  • チェックアウト ( checkout ) : 他のブランチへ移動し、作業ディレクトリを任意のコミット状態にすること。

 

ローカル内

保管場所

  • ワーキングツリー ( working tree ) : 最新のファイルの状態
  • インデックス ( index ) / ステージ ( stage ) : コミットするためのファイルの状態
  • ローカルリポジトリ ( local repository ) : ファイルの変更履歴を記録 ( 手元で管理 )
  • ヘッド ( HEAD ) : 最新のコミットの状態
  • リモートリポジトリ ( remote repository ) : ファイルの変更履歴を記録(みんなで共有)

作業の流れ

  • アド ( add ) : 「ワーキングツリー → インデックス」への反映
  • コミット ( commit ) : 「インデックス → ローカルリポジトリ」への反映
  • プッシュ ( push ) : 「ローカルリポジトリ → リモートリポジトリ」への反映

 

追跡ブランチ

  • オリジン ( orign ):リモートリポジトリの名前、デフォルトでこの名前がつく。
  • マスター ( master ) :最初にリポジトリを作るとできるデフォルトのブランチ名。
  • オリジンマスター ( origin/master ) : リモート追跡ブランチ

ローカルとリモート間

  • フェッチ( fetch ) : リモートリポジトリにあるブランチを追跡ブランチまでダウンロードしてくる。
  • マージ ( merge ) : リモート追跡ブランチからローカルブランチに差分を取り込む。
  • プル ( pull ) : フェッチとマージを同時に行うコマンド。
  • プルリクエスト ( pull request ) : コードレビュー機能。他の開発者に修正の内容を確認してもらう。
  • コンフリクト ( conflict ) : マージの際に、リモートとローカルで同じファイルの同じ箇所に対して修正がされており、自動でマージできないこと。両方の修正を合わせた内容に手動で編集する必要がある。

 

ブランチの命名規則

  • masterブランチ:本番環境に相当
  • developブランチ:ステージング環境に相当
  • feature/xxxブランチ:機能ごとにブランチを切る。

以上です。

 

-環境構築