Laravel学習帳

Laravel5.2の学習帳です。開発環境はXAMPP for Windows 5.6.19 / 本番環境はさくらサーバー(スタンダード)

環境構築

VT-x(仮想化支援機能)の有効化について

bios_chip_plcc_socket

VirtualBox + Vagrant で仮想マシンを構築するにはBIOSの設定でVT-x(仮想化支援機能)を有効にする必要があります。

今までBIOSの設定をいじったことがない人はちょっとハードルが高いかもしれません。

BIOSへの入り方をネットで調べると、ほとんどはメーカーロゴ画面、マザーボードロゴ画面で[F2]キーか[Delete]キーを連打すると入れるそうです。

ただ、僕の使用しているHPのcompaq Elite8300のPCは[Esc]キーもしくは[F10]キーでした。

パソコンのメーカーによって、多少の違いがありますね。

 

VTcheckerについて

まずは自分が今使っているPCのVT-xが有効になっているか確認してみましょう。

VirtualCheckerという確認ソフトを使うと簡単に確認できます。

VirtualChecker.exeを起動してみてください。

「無効」の表示が出た場合はBIOSの設定作業で有効にする必要があります。

「Vagrant up」のコマンドでVagrantが起動しない人はこれが原因の人が多いです。

 

チュートリアル

実現したいこと

  • BIOSでVT-xを有効にする
  • 【PCのメーカー】 hp compaq Elite8300

 

手順

1.パソコンの電源ボタンを入れる。

2.電源ボタンを入れたらすかさず「Esc」キーを連打する。

3."Startup Menu" の一覧が起動されるので「F10」を押す。

img01

 

4."HEWLETT-PACKARD COMPUTER SETUP" が表示される。

 

5.[セキュリティ] メニューより [システムのセキュリティ] を選択する。

 

img02

 

6.上からの2つ目の [Virtualization Technology(VTx)] を選択し、右矢印キーを押し、[Disabled] から [Enabled] へ変更する。

 

img03

 

7.[仮想化技術] が [有効] になったことを確認し、[F10] キーを押す。

 

8.[セキュリティ] メニューの一覧に戻るのでもう一度[F10]キーを押す。

 

9.[ファイル] メニューの [変更を保存して終了] が選択されるので、[Enter]キーを押す。

 

10. VirtualCheckerを起動して「有効」の表示がされたらOKです。

 

img04

 

はまったところ

[Esc]キーを押すタイミングが難しい

最近のコンピューターは起動が早くなり、モニターの種類によってはコンピューターとの同期がとられるより早くOSの起動が始まってしまうため、BIOSを起動させるタイミングが取りにくくなっています。

電源投入後、[Esc]キーを何度か押し続けることで"Startup Menu"の一覧を起動することができます。

 

BIOSの起動の仕方はメーカーによってまちまち

BIOSの起動の仕方や表示はメーカーによって差異があります。

ネットで調べてみると

PC起動時に[F2]キーを長押しするとBIOSに入ることができる

と書いてありました。

しかし実際には[F2]キーではありませんでしたし、「長押し」でなく「連打」で入ることができました。

 

-環境構築