Laravel学習帳

Laravel5.2の学習帳です。開発環境はXAMPP for Windows 5.6.19 / 本番環境はさくらサーバー(スタンダード)

基礎知識

Laravel5.2のWelcomeページの仕組みを確認

2016/12/02

Laravelをインストールしてプロジェクトを作成したときに確認でWelcomeページを表示させました。

img01

今回は、このWelcomeページがどのような流れで表示されているか確認します。

 

Welcomeページを表示する流れ

まずはルーティングの中身を確認します。

Laravel5.2では

app/Http/routes.php

がルーティングのファイルです。

#routes.phpを確認
Route::get('/', function () {
  return view('welcome');
});

viewという関数を使用してwelcomというテンプレートファイルを呼び出しているのがわかります。

view関数の戻り値がブラウザへのレスポンスになります。

[書式]
view( テンプレート , 連想配列 );

view関数には第2引数に連想配列でテンプレートへ変数を渡すことができます。

例えばmessageという変数にHelloという値を代入して渡す場合は

return view('welcome',['message' => 'Hello!']);

と記述します。

このように記述すればビューファイル側(welcome.blade.php)で$messageをエコーすると"Hello!"が表示されます。

この記述では第2引数に何も書いていないので、単にwelcomeというテンプレートを呼び出しているだけになります。

テンプレートはLaravelではBlade(ブレイド)というテンプレートエンジンを使います。

Bladeを使うにはファイル名を

【ビュー名】.blade.php

とします。

このVeiwファイルの置き場所はLaravel5.2だと

resources/views/〇〇.blade.php

になります。

上の記述ではwelcomeがViewの名前になりますのでwelcome.blade.phpとなります。

このファイルがMVCモデルでいうViewにあたります。

 

チュートリアル

LaravelのWelcomeページの表示はroutes.phpで直接viewファイルを呼び出して表示させていました。

チュートリアルでは間にコントローラをはさんでviewファイルを表示させようと思います。

MVCのモデルではこのようになります。

mvc_laravel_part

実現したいこと

  • コントローラからLaravelのWelcomeページを表示させる

手順

1. コントローラの作成

XAMPPの場合だとコマンドプロンプトでLaravelのプロジェクトフォルダまで移動します。

#プロジェクト名がmylaravelの場合
cd C:\xampp\htdocs\mylaravel

#artisanコマンドを使ってコントローラを作成
#コントローラファイル名はアッパーキャメル記法(複合語の先頭を大文字で書き始める)+Controllerで記述
php artisan make:controller WelcomeController

app/Http/Controllers

に中身が空のWelcomeController.phpが生成されます。

このファイルに以下のようにindex()メソッドを追加します。

<?php
#WelcomeController.php
namespace App\Http\Controllers;

use Illuminate\Http\Request;

use App\Http\Requests;
use App\Http\Controllers\Controller;

class WelcomeController extends Controller
{
  public function index()
  {
  return view('welcome');
  }
}

 

2. ルーティングの設定

app/Http/routes.phpのファイルを編集します。

#routes.php
Route::get('/', 'WelcomeController@index');

第2引数のアクション部分は “コントローラクラス名@メソッド名”と記述します。

これでコントローラクラスのメソッドを呼び出すことができます。

上の例だとドキュメントルート(/)にアクセスした場合、WelcomeControllerクラスにあるindexメソッドを呼び出すようになっています。

 

3. ブラウザで確認

WEBサーバが立ち上がっていることを確認して

ブラウザで

http://localhost/mylaravel/public

と入力してLaravel5のロゴが表示されていればOKです。

 

-基礎知識