Laravel学習帳

Laravel5.2の学習帳です。開発環境はXAMPP for Windows 5.6.19 / 本番環境はさくらサーバー(スタンダード)

基礎知識

Laravel5.2のディレクトリ構成について

2017/02/02

mainvisual

Laravel5.2でよく利用するディレクトリ・ファイルをピックアップしてディレクトリ構成をまとめてみました。

 

Laravel5.2のディレクトリ構成

img01

 

.envファイル

Laravelの環境設定ファイルです。

DBへの接続情報やデバッグモードのON/OFFの設定をkey=value形式で記述します。

 

app/Http/routes.php

routes.phpファイルはLaravelのルーティング設定を記述する役割を果たします。

例えば「/user/edit/5」というURLでリクエストがあったときに、 どのプログラムにそのリクエストを渡すのかを設定する役割を担います。

 

app/Http/Controllersディレクトリ

コントローラを配置します。

コントローラについて

 

app/Http/Requestディレクトリ

当サイトではフォームのバリデーションをこのディレクトリに実装しています。

バリデーションについて

 

publicディレクトリ

ドキュメントルートになります。

アセット(画像、JavaScript、CSSなど)を配置します。

 

configディレクトリ

アプリケーションの全設定ファイルが設置されています。

当サイトでは config/app.php で言語や時刻の設定をしています。

初期設定について

 

resources/viewsディレクトリ

Laravelのビューにあたる「ブレード(blade)」ファイルを管理します。

 

database/migrationsディレクトリ

マイグレーションファイルを格納します。

マイグレーションについて

Laravelの主なディレクトリ構成は以上です。

 

-基礎知識