Laravel学習帳

Laravel5.2の学習帳です。開発環境はXAMPP for Windows 5.6.19 / 本番環境はさくらサーバー(スタンダード)

チュートリアル 中級

オリジナルサービスの作成(バリデーション追加)

前回、オリジナルのサービスを作成してファサードで呼び出しました。

オリジナルサービスの作成

ただ、問題点が一つあります。

バリデーション(入力チェック)が設定されていないので空の入力や数字以外の入力もできてしまいます。

これを阻止するために今回は前回のチュートリアルを改良してバリデーションをいれます。

 

チュートリアル

前回作成したソースコードにバリデーションの仕組みをいれます。

また、エラー画面になっても入力した内容が消えないようにもします。

 

手順

1)コントローラの改修作業
2)ビューファイルの改修作業
3)動作確認

 

1)コントローラの改修作業

バリデーションのルールを設定して、validateメソッドを実行します。

:
  public function result(Request $request){

  $validateRules = [
  'weight'=>'required|numeric',
  'height'=>'required|numeric'
  ];

  $validateMessages = [
  "required" => "必須項目です。",
  "numeric" => "数値で入力してください。"
  ];

  $this->validate($request, $validateRules, $validateMessages);

  $weight = $request->input('weight');
  $height = $request->input('height');

  $hash = array(
  'weight' => $weight,
  'height' => $height,
  );

  return view('bmi.result')->with($hash);
  }
:

 

2)ビューファイルの改修作業

入力フォームのビューを改修します。

改修コードは以下になります。

上記のコードを少し解説します。

バリデーションのルールにひっかかったらエラー表示。

@if($errors->has('height'))<span class="error">{{ $errors->first('height') }}</span> @endif

エラー画面に戻されても、入力内容が消えないようにします。

valueの値にoldヘルパーを入れます。

<input type="text" name="height" value="{{ old('height') }}" class="form-control" id="InputHeight" placeholder="半角英数字のみ">

 

3)動作確認

空の値や数字以外の文字を入力して確認します。

以下の画像のようにバリデーションがかかっていたらOKです。

以上です。

 

-チュートリアル, 中級