Laravel学習帳

Laravel5.2の学習帳です。開発環境はXAMPP for Windows 5.6.19 / 本番環境はさくらサーバー(スタンダード)

チュートリアル 中級

STEP1.テーブルの作成

2017/11/24

今回はマイグレーション作成から実行まで行います。

データベースのテーブルを作成します。

 

手順

1)マイグレーションファイルの作成
2)マイグレーションファイルの編集
3)マイグレーション実行
4)確認

 

1)マイグレーションファイルの作成

「部署」のマイグレーションファイルを作成

$ php artisan make:migration create_depts_table

「従業員」のマイグレーションファイルを作成

$ php artisan make:migration create_employees_table

 

2)マイグレーションファイルの編集

「従業員」テーブルのスキーマを構築。

public function up()
{
  Schema::create('depts', function (Blueprint $table) {
  $table->increments('id')->comment('部署ID');
  $table->string('dept_name')->comment('部署名');
  });
}
public function down()
{
  Schema::drop('depts');
}

「従業員」テーブルのスキーマを構築。

イントロで決めたテーブル構成に沿って構築していきます。

public function up()
{
  Schema::create('employees', function (Blueprint $table) {
  $table->increments('id')->comment('従業員ID');
  $table->integer('dept_id')->comment('部署ID');
  $table->string('name')->comment('名前');
  $table->string('address')->comment('住所');
  $table->string('email')->comment('メールアドレス');
  $table->integer('old')->comment('年齢');
  $table->string('tel')->comment('電話番号');
  });
}
public function down()
{
  Schema::drop('employees');
}

 

3)マイグレーション実行

$ php artisan migrate

 

4) 確認

desc depts;
desc employees;

マイグレーションによるテーブルの作成は以上です。

次回は STEP2 の「サンプルデータの挿入(シーダー)」をやります。

 

-チュートリアル, 中級