Laravel学習帳

Laravel5.2の学習帳です。開発環境はXAMPP for Windows 5.6.19 / 本番環境はさくらサーバー(スタンダード)

環境構築

ローカルリポジトリとリモートリポジトリ間の操作

ローカルリポジトリとリモートリポジトリ間の主な操作には

・クローン
・プル
・プッシュ

があります。

それぞれの意味とSourceTree上での操作について学習していきます。

 

クローン

クローンとは

リモートリポジトリから更新内容をそのまま引っ張ってくる(複製を行う)ことをクローンと言います。

SourceTreeでプロジェクトを管理するときに最初に行う作業になります。

 

SourceTreeでの操作

(1)SourceTreeのツールバーから「新規/クローンを作成する」をクリックする。

(2)「リポジトリをクローン/追加/作成」ダイアログが表示されます。

「リポジトリをクローン」タブ上で、「元のパス/URL」を入力し、「保存先のパス(ローカルパス)」を入力して「クローン」ボタンを押します。

これで「保存先のパス(ローカルパス)」の場所に、リモートリポジトリと全く同じ環境が作成されます。

 

プル

プルとは

リモートリポジトリで管理していたファイルをダウンロードすることを「プル」と言います。

「プル」はデータをリモートからダウンロードすると同時に「マージ」する機能も持ち合わせています。

 

SourceTreeでの操作

(1)SourceTreeツールバーにある「プル」ボタンをクリックする

(2)「プル」ダイアログが表示されます。基本的に、何もいじらずにこのままOKで大丈夫です。

 

プッシュ

プッシュとは

ローカルリポジトリでバージョン管理していたファイルをアップロードすることを「プッシュ」と言います。

ローカルのファイルの方が新しい内容なら、リモートリポジトリの内容はローカルのファイル内容に上書きされます。

逆にリモートの方がローカルの内容より新しい場合、または同じ内容の場合は何も行われません。

 

SourceTreeでの操作

(1)SourceTreeツールバーにある「プッシュ」ボタンをクリックします。

(2)「プッシュ」ダイアログが表示されます。「プッシュ先」と「プッシュするブランチ」と「タグをプッシュするか」を選択して、「OK」ボタンをクリックします。

ローカルリポジトリとリモートリポジトリ間の操作に関しては以上です。

 

-環境構築