Laravel学習帳

Laravel5.2の学習帳です。開発環境はXAMPP for Windows 5.6.19 / 本番環境はさくらサーバー(スタンダード)

環境構築

プルリクエストについて

 

プルリクエストについて

プルリクエストとは、「編集リクエスト」のような機能です。

こういう修正をしてみたけど、もし良ければ反映して下さい、というものです。

プルリクエストの機能はGitHubやBitBucketといった大手Gitホスティングサービスに備わっています。

通常、マージをするときはSourceTreeではなくプルリクエスト機能を使ってマージすることが推奨されています。

 

Bitbucketでのプルリクエストのやり方

自分はBitBucketを利用しているのでBitbucketでのプルリクエスト機能を使ってマージをしてみます。

developブランチをmasterブランチにマージします。

手順

【1】ローカルリポジトリで新規ブランチ(develop)を作成し移動

【2】開発して「追加」⇒「コミット」

【3】developブランチのリモートリポジトリをプッシュする

【4】プルリクエストをBitBucket上で作成

【5】BitBucket上でマージ

 

【1】ローカルリポジトリで新規ブランチ(develop)を作成

1)メニューにある「ブランチ」をクリック

2)ブランチダイアログが表示されるのでブランチ名(develop)を入力してOK

3)developブランチにいることを確認

【解説】
すでにdevelopブランチを作成している場合はdevelopブランチにチェックアウトします。

 

【2】開発して「追加」⇒「コミット」

1)routes.phpで何か出力ページを作成

Route::get('/pullrequ', function()
{
  return 'This file was merged on the bitbucket!';
});

2)ステージに移してコミット

 

【3】developブランチのリモートリポジトリをプッシュする

1)メニューにある「プッシュ」をクリック

2)プッシュダイアログが表示されるのでdevelopブランチを選択してプッシュ

 

【4】プルリクエストをBitBucket上で作成

1)BitBucketにアクセス ⇒ ログイン

2)メニューから「プルリクエスト」を選び、「プルリクエストを作成」をクリック

3)マージする対象のブランチをプルダウンで「develop」を選択。

マージしてもらう対象のブランチを「master」を選択。

「プルリクエストを作成」をクリック

 

【5】BitBucket上でマージ

1)変更内容を最終チェックして、「マージ」をクリック

2)SourceTreeの履歴を見るとマージされていることが確認できます。

プルリクエストについては以上です。

 

-環境構築