環境構築

PhpStorm の内臓ターミナルに git bash を設定

2018/05/28

PhpStormではターミナルが内臓されているのですが、Windowsだとコマンドプロンプト(cmd)です。

コマンドプロンプトだとlsコマンドも使えないし、何よりGitコマンドが使えません。

とても不便です。

今回は PhpStorm に内臓されているターミナルにコマンドプロンプトではなく「Git bash」を設定します。

 

チュートリアル

Windows 版の PhpStorm のターミナルをコマンドプロンプトではなく「Git bash」に変更。

前提条件としてWindows 版の Git bash がすでに入っているものとします。

 

手順

1)設定ファイルを開く
2)shell path を入力
3)確認

 

1)設定ファイルを開く

Settings -> Tools -> Terminal を開きます

「Application settings」に「Shell Path」があるので bash.exe のパスを入力します。

 

2)shell path を入力

BitBucket の SourceTree を入れた人は以下のパスに Git の実行ファイルがあります。

C:\Users\{ ユーザ名 } \AppData\Local\Atlassian\SourceTree\git_local\bin\git.exe

bash.exe はgit.exe と同じ階層にあります。

「Shell Path」に以下を入力

C:\Users\ { ユーザ名 } \AppData\Local\Atlassian\SourceTree\git_local\bin\bash.exe
警告【 単体でGitをインストールした人 】
「C:\Program Files\Git\bin」に「bash.exe」があります。

 

3)確認

再起動しなくてもこれでOKです。

「terminal」のタブを開くと Git Bash が起動します。

コマンドプロンプトでは「>」の後にコマンドを入力していました。

git bashではドルマーク「$」の後にコマンドを入力します。

なお、 Git bash にしても artisan コマンドや composer コマンドは使えます。

【コマンドプロンプトとの切り替え 】
「cmd」とコマンドを打ちます。git bash に戻るときは「bash」とコマンドを打てばOK。

ただし、このままだと日本語の処理がうまくいきません。

警告・lsコマンドで日本語のファイル名が正しく表示できない
・コミットコメントに日本語を入力すると文字化けする

上記の問題を解決したい場合はシステム変数に 「LANG=ja_JP.UTF8」 を追加すればOKです。

ただ上記の処理をすることで他に問題が発生するみたいなので、神経質の人はやらないほうがいいかもです。

以上です。

 

-環境構築