Laravel学習帳

Laravel5.2の学習帳です。開発環境はXAMPP for Windows 5.6.19 / 本番環境はさくらサーバー(スタンダード)

環境構築

チェックアウト

2017/05/10

git

前回、はじめてのコミットをしてみました。

GitでLaravelの開発をしていく part2

今回はGitを覚えるためにももう一度コミットの練習をします。

そのあとコミット履歴を確認して最初のときの状態にデータを巻き戻す作業をやってみます。

 

1.もう一度コミットしてみる

もう一度練習を兼ねてコミットしてみます。

sample.txtを開き、1行目に "コミットの練習2回目" 書き加えて保存します。

img01

ここからは前回と同じ要領です。

  1. 作業ディレクトリからステージングにデータを移動
  2. コミットメッセージを書いてコミット

img03

 

2.コミット履歴を見る

コミットしたら履歴を確認してみます。

ブランチ->masterを表示してみます。

img04

2回目におこなったコミット履歴が確認できましたね。

コミット時にコメントをきちんと入れていたのでわかりやすいですね。

コミット履歴の1つを選択すると画面下部にそのコミットの詳細が表示されます。

テキストファイルであればどこが変更されたかも一目でわかります。

 

3.以前のバージョンに巻き戻す

ファイルを最初のコミット直後の状態に戻してみたいと思います。

"はじめてのコミット" とコメントのついた行を選んで右クリックして "チェックアウト" を選びます。

img05

アラートがでますが、これに関しては次回説明します。

とりあえずそのままOKを押します。

img06

最初のバージョンに内容が書き換わったかsample.txtを開きます。

img07

ちゃんと前のデータに巻き戻っていることがわかります。

この作業(ある時点のコミットに戻すこと)をチェックアウトする。と言います。

やっぱり最新のバージョンに戻したくなっちゃった……というときは最新のコミットを選んで右クリックして "チェックアウト"を選択します。

img08

sample.txtを開くと、最新のバージョンになっているのが確認できます。

img01

何らかの理由で前のバージョンに戻りたい、または消去したファイルを戻したいときに便利ですよね。

これがまさにGitの真骨頂であるバージョン管理の仕組みです。

 

-環境構築