Laravel学習帳

Laravel5.2の学習帳です。開発環境はXAMPP for Windows 5.6.19 / 本番環境はさくらサーバー(スタンダード)

基礎知識

フォームで入力したデータをDBのTABLEで保存

2016/12/02

model02

前回はDBのTABLEを取得して表示させました。

今回はフォームで入力した値をDBのTABLEに保存させる作業をします。

 

Eloquent ORMによるTABLEへの保存方法

入力された値をTABLEへ保存するにはControllerファイルに記述します。

まず定義したModelを利用するためにuseでインポートします。

例えばExampleというモデル名をつくったなら

:
use App/Example;
:

となります。

続いてstoreメソッドで保存させる処理をするなら

  public function store(Request $request)
  {
  //インスタンス作成
  $example = new Example();

  //Inputタグのname属性がonamaeの場合 $request->onamae で値を受け取る
  //モデルインスタンスのname属性に代入
  $example->name = $request->onamae;

  //saveメソッドが呼ばれると新しいレコードがデータベースに挿入される
  $example->save();
  }

なお、saveが呼び出された時に created_at と updated_at タイムスタンプは自動的に設定されます。

Eloquent ORMによるTABLEへの保存は以上です。

SQLを書かなくてもDBのTABLEを操作できるところが特徴です。

DB::insert に比べ、オブジェクト指向っぽく直感的に書くことができますね。

 

チュートリアル

以前作成したフォームをカスタマイズします。

入力した内容を表示する簡単なフォームを作成

入力したデータをDBのTABLEに保存します。

QueryBuilder(DB::*)ではなくEloquent ORMを使います。

 

実現したいこと

  1. フォームで入力した値をDBのTABLEに保存する
  2. Bootstrapをカスタマイズ(メニューを追加)

 

手順

1. コントローラの編集

mvc_laravel_v-m

前回作成した仕様ではフォームで入力したデータはControllerのpostIndexメソッドで値を受け取っていました。

DBのTABLEへのレコードの挿入はpostIndexメソッドに記述します。

#App\Controllers\GreetingController.php

:

  #greeting/indexにPOST送信された時の処理
  public function postIndex(Request $request)
  {
  /*
  * バリデーション
  */
  $this->validate($request, [
  'onamae' => 'required',
  ]);

  /*
  * 新しいレコードの追加
  */
  #Greetingモデルクラスのオブジェクトを作成
  $greeting = new Greeting();

  #Greetingモデルクラスのプロパティに値を代入
  $greeting->onamae = $request->input('onamae');

  #Greetingモデルクラスのsaveメソッドを実行
  $greeting->save();

  /*
  * View表示
  */
  #変数に代入
  $res = "こんにちは!" . $request->input('onamae')."さん!!";

  #Viewメソッドに引数を指定して返す
  return view('greeting', ['message' => $res]);
  }

:

 

2. ビューファイルの編集

mvc_laravel_view

以前作成したビューファイルを少しカスタマイズします。

メニューを入れて、一覧ページ( all.blade.php )にリンクをかけます。

これですぐにDBのTABLEにレコードが挿入できたか確認できます。

Bootstrapにメニューバーを追加するにはBootstrap Componetsのページが参考になります。

メニューバーは共通で利用するコンポーネントなので親テンプレートに記述します。


{{-- 親テンプレート --}}
{{-- resources/layouts/master.blade.php --}}
<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="utf-8">
<!-- InternetExplorerのブラウザではバージョンによって崩れることがあるので、互換表示をさせないために設定するmetaタグです。 -->
<meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge">
<!-- レスポンシブWebデザインを使うために必要なmetaタグです。 -->
<meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1">
<title>@yield('title')</title>
<!-- コンパイルして圧縮された最新版の CSS -->
<link href="https://maxcdn.bootstrapcdn.com/bootstrap/3.3.5/css/bootstrap.min.css" rel="stylesheet">

<!-- オプションのテーマ -->
<style>
body {
  padding-top: 40px;
  padding-bottom: 40px;
  background-color: #eee;
}
.form-signin {
  max-width: 330px;
  padding: 15px;
  margin: 0 auto;
}
.form-signin .form-signin-heading,
.form-signin .checkbox {
  margin-bottom: 10px;
}
.form-signin .form-control {
  position: relative;
  height: auto;
  -webkit-box-sizing: border-box;
  -moz-box-sizing: border-box;
  box-sizing: border-box;
  padding: 10px;
  font-size: 16px;
}
.form-signin .form-control:focus {
  z-index: 2;
}
.form-signin input[type="text"] {
  margin-bottom: 10px;
  border-bottom-right-radius: 0;
  border-bottom-left-radius: 0;
}
</style>
</head>

<body>

{{-- ↓↓↓ 今回はここ(メニュー)を追加します。 ↓↓↓ --}}
<nav class="navbar navbar-inverse navbar-fixed-top">
  <div class="container">
  <div class="navbar-header">
  <button type="button" class="navbar-toggle collapsed" data-toggle="collapse" data-target="#navbar" aria-expanded="false" aria-controls="navbar">
  <span class="sr-only">Toggle navigation</span>
  <span class="icon-bar"></span>
  <span class="icon-bar"></span>
  <span class="icon-bar"></span>
  </button>
  <a class="navbar-brand" href="/mylaravel/public/greeting">簡易フォーム</a>
  </div>
  <div id="navbar" class="collapse navbar-collapse">
  <ul class="nav navbar-nav">
  <li><a href="/mylaravel/public/greeting">入力フォーム</a></li>
  <li><a href="/mylaravel/public/greeting/all">一覧表示</a></li>
  </ul>
  </div><!--/.nav-collapse -->
  </div>
</nav>
{{-- ↑↑↑ 今回はここ(メニュー)を追加します。 ↑↑↑ --}}

<!-- 少しいじる場合は inline style で記述します -->
<div class="container" style="margin-top: 30px;">
<h2>@yield('title')</h2>
@yield('content')
</div><!-- /container -->

<!-- jQuery読み込み -->
<script src="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/1.11.3/jquery.min.js"></script>
<!-- BootstrapのJS読み込み -->
<script src="https://maxcdn.bootstrapcdn.com/bootstrap/3.3.5/js/bootstrap.min.js"></script>
</body>
</html>

 

3. 動作確認

WEBサーバが起動しているのを確認して

http://localhost/mylaravel/public/greeting

にアクセスします。

何か適当に文字を入力して送信ボタンを押します。

model01

次にちゃんとデータがDBのTABLEに入っているかメニューの "一覧" をクリックします。

入力したデータが表示されていればOKです。

model02

 

-基礎知識