チュートリアル 初級

CRUDアプリの拡張(フラッシュメッセージ)

前回、検索画面を作成しました。

これで一通りCRUD アプリとしての体裁は整いました。

最後に細かい調整をおこなっていきます。

今の仕様では新規登録・編集・削除処理が終わったら一覧画面にリダイレクトします。

このときにフラッシュメッセージを表示してきちんと処理が終わったことをユーザーに知らせるようにします。

【 解説 】
DBの処理が終わったらなぜリダイレクトさせるのか?
これはフォームデータの二重送信を防止する手法でPRG(Post/Redirect/Get)パターンと呼ばれるものです。例えば、リダイレクトしない場合だと

「フォームデータをPOST → リダイレクトせずに画面を表示 → ブラウザを再読み込み」

この場合、もう一度POSTしてしまいます。

POST後にリダイレクトして画面を表示するようにすれば、ブラウザを再読み込みしても送信されるのはGETリクエストなので、フォームデータの二重送信が防げるということです。

 

フラッシュメッセージ

概要

確認ページから完了ページにだけメッセージをセッションに保持し、表示したいケースはよくあります。

このケースの場合、Laravel では flashメソッドが用意されているのでそれを使います。

【 解説 】
flashメソッドはセッションの簡易版みたいなものです。
直後のページにだけセッションにデータを保存し、それ以降は自動的に削除されます。
フラッシュメッセージはよくステータスメッセージなどで使われます。

 

使い方

コントローラー

リダイレクト処理にwithメソッドでつなげます。

public function create(Request $request){
  //登録処理
  :
  return redirect('index')->with('message', '登録が完了しました。');
}

以下のような書き方もあります。

$request->session()->flash('message', '登録が完了しました。');
return redirect('index');

 
ビュー

「messageというセッション変数(フラッシュメッセージ)があれば表示」という条件式を書きます。

:
@if(Session::has('message'))
  メッセージ:{{ session('message') }}
@endif
:

 

チュートリアル

現在の仕様では

Create(新規登録)/Update(更新)/Delete(削除)

の処理が終わったら一覧画面へリダイレクトさせています。

リダイレクトの際、フラッシュメッセージとしてメッセージを一時的に保存させて表示させてみます。

表示はBootstrapのモーダルウィンドウで表示させます。

 

手順

1)コントローラー
2)ビュー
3)動作確認

 

1)コントローラー

データベースの操作が終わったらフラッシュメッセージをのせてリダイレクトします。

各処理ごとにメッセージをのせます。

 
Create(新規登録)

  public function new_finish(Request $request)
  {
  :(※新規登録処理)
  return redirect()->to('student/list')->with('flashmessage', '登録が完了いたしました。');
  }

 
Update(更新)

  public function new_finish(Request $request)
  {
  :(※更新処理)
  return redirect()->to('student/list')->with('flashmessage', '更新が完了いたしました。');
  }

 
Delete(削除)

public function us_delete($id)
{
:(※削除処理)
return redirect()->to('student/list')->with('flashmessage', '削除が完了いたしました。');
}

 

2)ビュー

ビュー(一覧画面)では flashmessage があればモーダルウィンドウを起動させるIF文を書きます。

Bootstrapのモーダルウィンドウについてはこちら

:
@if(Session::has('flashmessage'))
<script type="text/javascript" src="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/2.1.0/jquery.min.js"></script>
<script>
  $(window).load(function() {
  $('#modal_box').modal('show');
  });
</script>

<!-- モーダルウィンドウの中身 -->
<div class="modal fade" id="modal_box" tabindex="-1" role="dialog">
  <div class="modal-dialog" role="document">
  <div class="modal-content">
  <div class="modal-header">
  <button type="button" class="close" data-dismiss="modal" aria-label="Close"><span aria-hidden="true">&times;</span></button>
  <h4 class="modal-title">受講生 APP</h4>
  </div>
  <div class="modal-body">
  {{ session('flashmessage') }}
  </div>
  <div class="modal-footer">
  <button type="button" class="btn btn-default" data-dismiss="modal">閉じる</button>
  </div>
  </div>
  </div>
</div>
@endif
:

 

3)動作確認

登録・更新・削除の各処理が終わったらモーダルでフラッシュメッセージが表示されているか確認します。

Create(新規登録)

 
Update(更新)

 
Delete(削除)

上記のように表示されていればOKです。

LaravelによるCRUDアプリは以上になります。

 

-チュートリアル, 初級