フリーランスのPHPエンジニアにあるメリット・デメリットは?

フリーランスのPHPエンジニアになりたいと思っている人も多いのではないのでしょうか。

実際にフリーランスのPHPエンジニアになる人の数は年々多くなっています。しかし、フリーランスのPHPエンジニアになることでメリット・デメリットも当然あります。

ここでは、実際にフリーランスのPHPエンジニアとして働いて感じたメリット・デメリットについてこれからフリーランスのPHPエンジニアになる人に向けて紹介していきます。

 

目次

PHPエンジニアの特徴

フリーランスのPHPエンジニアになる時にはPHPと言う言語を扱うエンジニアの特徴を知っておく必要があります。

PHPはWEB系の言語と相性の良いプログラミング言語になります。なので、本格的なシステムを作る時に使われる言語とは異なります。

フリーランスのエンジニアのメリット・デメリットは言語ごとに大きく変わり、各言語の特徴を理解しておく必要があります。

ここでは、PHPエンジニアの特徴について紹介していきます。

需要が高い

PHPはWEB系の言語に分類されます。WEB系の言語は非常に需要が高くWEBサイトがある限りは必要になってくるものになります。

PHPはWEBサイトに動きをつけるためには、なくてはならない言語になるので、今後もさらに需要が高まる言語です。

ランサーズでもPHPの案件はたくさんあります。まずは、どんな案件があるか確認してみてもいいと思います。

クラウドソーシング「ランサーズ」

また、サイトのデザインやロゴの作成など、自分にとって専門でない分野を安く外注するという使い方もできます。

 

スキルで勝負できる

PHPエンジニアはスキルで勝負することができます。PHPは一人で作り上がることができるボリュームのものになります。

他の言語の場合は大人数のプロジェクトの一員になることが多いです。

なので、PHPエンジニアは他の言語に比べて自分のスキルを示すことができ、スキルが正当に評価されやすいです。

 

フリーランスのPHPエンジニアになるメリット

フリーランスのPHPエンジニアになるとメリットがあります。

ここでは、フリーランスのPHPエンジニアになることで得ることができるメリットについて紹介していきます。

年収が上がる

フリーランスのPHPエンジニアになるとスキル次第では年収が大きく上がります。

今はエンジニアの需要も高まっており、仕事も多いのでフリーランスになって仕事を獲得することができないと言うことはまずないです。

 

自分のペースで働ける

フリーランスのPHPエンジニアになると自分のペースで働くことができます。

また、自分のスキルがベースになっているので空白期間があってもスキル次第では仕事をもらうことができます。

フリーランスのPHPエンジニアはパソコンのみで仕事ができるので、フルリモートの案件なら日本以外の国で仕事を行うことも可能です。

 

人間関係が簡素

フリーランスのPHPエンジニアになると人間関係が簡素になります。

基本的にはフリーランスの方は仕事以外で他の人間と強制的に関わることは少ないです。

なので、仕事とプライベートを分けたい人にはおすすめになっています。

 

仕事を選ぶことができる

フリーランスのPHPエンジニアは自分で仕事を選ぶことができます。

自分で仕事を選ぶことができるのでスキルや給与、働き方などを自由に決めることができます。

 

フリーランスのPHPエンジニアになるデメリット

フリーランスのPHPエンジニアになるとデメリットもあります。

ここでは、フリーランスのPHPエンジニアになることでのデメリットについて紹介していきます。

キャリアが築けない

フリーランスのPHPエンジニアは仕事がベースで働くことになります。なので、スキルを磨くことはできます。

しかし、立場をあげることやキャリアを築くことは難しいです。

自分の中でキャリアを築いて行きたいと考えているならフリーランスではなく、スキルをもとに転職をした方が有効でしょう。

 

社会的な信用がない

フリーランスのPHPエンジニアに限らずフリーランスには社会的な信用がないです。

フリーランスの人はローンを組むことや家を借りることが難しくなっています。

特に、家族がいる人には致命的な問題になりやすいです。

フリーランスのPHPエンジニアになる際には信用がなくなることを前提に貯金や正社員のうちにローンを組んでおくといいでしょう。

 

コミュニケーション能力が必要

フリーランスのPHPエンジニアは自分で仕事を取ることが必要になります。

なので、仕事をスムーズに進めることができるコミュニケーション能力の他に営業を行うことができるコミュニケーション能力も必要になります。

 

給与の保証がない

フリーランスのPHPエンジニアは給与の保証がありません。なので、翌月から仕事がなくなることもあります。

このようにフリーランスのPHPエンジニアは給与が高く設定されていること反面、仕事が継続できる保証がないので各自で貯金などの対策をする必要があります。

フリーランスへの転身で一番大切なポイントは案件の確保です。「レバテックフリーランス」では案件の内容や単価をメールで教えてもらえるサービスがあります。Webエンジニアとしてフリーランスを検討されている方は、まずは登録して情報を集めることをお勧めします。

 
レバテックフリーランス
 

コツは登録後にスキルシートを提出することです。情報が多いと好条件な案件を優先して教えてもらえます。

 

自分の出費が多くなる

フリーランスのPHPエンジニアの人は年金や保険などに各自で加入する必要があります。

正社員の時は会社が負担してくれていたものを自分で出費する必要があるので自分の出費が多くなることになります。

 

まとめ

フリーランスのPHPエンジニアになることでのメリット・デメリットには様々なものがあります。

各自でメリット・デメリットを考慮した上で本当に自分にとってフリーランスのPHPエンジニアになることがいいことなのかを判断するようにしましょう。

本庄マサノリ

仕事で Laravel を使っています。気づいたことや新しい発見など情報を発信していきます。問い合わせはこちら

>> Twitter をフォローする

 

-Webプログラマー就職/転職/フリーランス

おすすめ記事

動画で学習するなら ドットインストール、Schoo、Udemyのどれがいい?

独学に限界を感じたら Laravelが学べる!おススメのプログラミングスクール

フリーランスを目指すなら フリーランスエージェントTOP3