PHPフリーランスエンジニアの働き方について

2020/03/05

PHPエンジニアは、WEB開発のアプリケーションにおいて、とても需要が高くなっています。

経験豊富で高い技術力のあるエンジニアになると、PHP案件の仕事は豊富にあります。

そこで、この記事では、今からPHPフリーエンジニアになろうかと検討している人、目指している人に対して、報酬の相場・仕事の獲得方法などを解説していきたいと思います。

 

手順

どのような案件があるの?

PHPの案件は、サーバサイドでWEBサイトの処理をすることに強みがあるプログラミング言語のため、サーバサイドの開発がメインになります。

PHPは、古くから存在するプログラミング言語のため、元々PHPで書かれているウェブサービスも多いです。

よって、それらを改修するために、PHPエンジニアを必要としている企業も数多くあります。

又、これも古くからあるプログラミング言語のため、安定性を追及する大企業や大規模なプロジェクトで採用されやすいというところもあります。

比較的平易なプログラムのため、メンテナンスの案件も数多くあるのが特徴です。

 

報酬の相場について

PHP案件の報酬の相場ですが、PHP経験1年ぐらいのエンジニアでは、およそ月25万円と言われています。

PHP経験5年以上のエンジニアでは、およそ月80万円ぐらいと言われています。

ということは、PHPの開発経験が5年以上になってくると、約年収1000万が期待できることになります。

よって、PHP案件は、他のプログラム言語と比較しても、高額報酬の部類であると言ってもいいでしょう。

 

PHP案件の仕事の獲得方法

PHP案件を獲得するためには、仕事を探す方法を知らないといけません。

仕事をスタートする前に、いくつかの方法を理解しておくと、そのまま効率良く案件を獲得することができると思います。

それでは、PHP案件を探す方法を下から紹介していきます。

友人・知人からの紹介

友人・知人などから仕事を紹介して貰えるのであれば、PHP案件を獲得できるきっかけになります。

PHPの技術を身につけていて、仕事を探していることを友人・知人に伝えておくと、有益な情報を貰える可能性は高くなるはずです。

友人・知人から仕事の情報を提供してもらうことになるため、ある程度の責任が出てきます。

なので、丁寧に誠実に仕事をし、友人・知人に迷惑をかけないように注意が必要です。

 

クラウドソーシングを利用する

クライアントがエンジニアに、仕事の依頼をすることができる、「クラウドソーシング」を利用する方法もあります。

クラウドソーシングは、「クラウドワークス」や「ランサーズ」などがとても有名です。

登録をすると、PHP案件の検索・仕事の提案ができるようになります。

又、自分に合った案件を探すことができて、段階的に自身のスキルを上げていくことも可能です。

そのため、自分自身のステップアップにもなるという大きなメリットもあります。

クラウドソーシング「ランサーズ」

また、プレイングマネージャーとしてプロジェクトをまるっと受けて、サイトのデザインの部分はクラウドソーシングを使って安く外注するという使い方もできます。

 

フリーランスエージェントを利用する

仕事を紹介してくれる「フリーランスエージェント」を利用して、PHP案件を獲得する方法もあります。

フリーランスエージェントにいる専門のコーディネーターが自分に合った案件探しを支援してくれるため安心して利用できます。

PHPの開発経験が浅い人から10年以上の開発経験がある人など、たくさんのエンジニアの人が利用しています。

PHP案件を効率良く探したい人は、登録しておくことをおすすめします。

又、フリーランスエージェントによっては、スキル向上のための勉強会などを実施しているところがあるのもいいところです。

それでは、特におすすめするフリーランスエージェントを紹介しておきますので、PHP案件の仕事を探している人は、是非、ご確認下さい。

 

レバテックフリーランス

レバテックフリーランスは、新規案件数がとても多く、サポート体制が充実していて、案件の紹介から仕事をするまでがとてもスピーディーと評判がいいサイトです。

たくさんの案件にパイプを持っているため、スキルがあるエンジニアは、登録必須のサイトと言ってもいいでしょう。

経験の浅いエンジニアであっても、必要とする企業も多いため、スキルがそこまでない人でも仕事はあります。

レバテックフリーランスの強みは、新規の案件を毎月400件以上獲得していて、仕事の90%がエンド企業直請けになります。

とりわけ、新しい技術を追求しているエンジニアにとっては、新規案件が増加しているのは、嬉しい状況です。

エンド企業直請けのため、仲介手数料を引かれないのもメリットの1つです。

フリーランスへの転身で一番大切なポイントは案件の確保です。「レバテックフリーランス」では案件の内容や単価をメールで教えてもらえるサービスがあります。Webエンジニアとしてフリーランスを検討されている方は、まずは登録して情報を集めることをお勧めします。

 
レバテックフリーランス
 

コツは登録後にスキルシートを提出することです。情報が多いと好条件な案件を優先して教えてもらえます。

 

エミリーエンジニア

エミリーエンジニアはフリーランスのITエンジニア専門の転職エージェントです。年収アップやスキルアップなど希望の転職が実現するよう徹底的なサポートを行っているサービスです。

運営企業は株式会社ビスタクルーズで、2007年から10年以上にわたりフリーランスエンジニアやフリーランスコンサルタントを支援してきた実績のある会社です。

おすすめ理由の1つが、はじめてフリーランスとして働く方への支援が手厚い点にあります。会員一人ひとりに専任担当者がつき、案件紹介から企業側との交渉、案件参画後のフォローまで一貫して同じ担当者のサポートが受けられます。

また、職務経歴書の書き方、企業側の面談の対応、契約書の確認、税金処理などのサポートもあります。エミリーの担当者からのサポート以外にも税理士・社労士などの専門家からのアドバイスも可能です。

エミリーエンジニアを利用することで、フリーランスの悩みである収入面・案件の確保を同時に行うことも可能になります。

 
エミリーエンジニア
 

フリーランスエンジニアの強い味方になってくれるエージェントなので、1人では不安な方やなかなか仕事がみつからなと悩んでいる方は、ぜひ登録してみてください。

 

まとめ

今回は、PHPフリーランスエンジニアの働き方についてまとめてみました。

PHP案件の報酬は高く、フリーランスでも仕事の獲得方法が色々あるのを分かって頂けたと思います。

特に、PHPをある程度学習していて、フリーランスエージェントに未登録の人は、登録してみて、どんな案件があるのかをチェックしてみることをおすすめします。
 
 

本庄マサノリ

仕事で Laravel を使っています。気づいたことや新しい発見など情報を発信していきます。問い合わせはこちら

>> Twitter をフォローする

 

-Webプログラマー就職/転職/フリーランス

おすすめ記事

動画で学習するなら ドットインストール、Schoo、Udemyのどれがいい?

独学に限界を感じたら Laravelが学べる!おススメのプログラミングスクール

フリーランスを目指すなら フリーランスエージェントTOP3