環境構築

さくらレンタルサーバへのデプロイ手順

2018/10/12

以前、HTTP公開用リポジトリの作成をしました。

リポジトリの作成

今回はリモートリポジトリのデータをさくらレンタルサーバにデプロイする手順についてエントリーします。

構成図

 

手順

【1】ファイルを編集

【2】リモートリポジトリへプッシュ

【3】sshにログインしてgit pullコマンド

【4】ブラウザでデプロイされているか確認

 

【1】ファイルを編集

デプロイがちゃんとできているか確認するために、ためにし簡単なプログラムを書いてみます。

Route::get('/deploytest', function()
{
  return 'Deploy test was successful!';
});

 

【2】リモートリポジトリへプッシュ

routes.phpを編集したらSoucetreeで「routes.php」をINDEXに移して(追加) ⇒ コミット ⇒ プッシュ

 

【3】sshにログインしてgit pullコマンド

sshにログインしたらUNIXコマンドでLaravelプロジェクトに移動します。

cd {Laravelプロジェクト名}

一度cloneをしたので二回目以降はpullコマンドだけでOKです。

git pull

コマンド実行後、リモートリポジトリにあるソースをHTTP公開用リポジトリに全部もってきます。

 

【4】ブラウザでデプロイされているか確認

編集したファイルがちゃんとデプロイされました。

以上です。

本庄マサノリ

仕事でLaravelを使っています。気づいたことや新しい発見など情報を発信していきます。メールはこちら

 

-環境構築