git status について

gitを習い始めたばかりのときは、コミットするまでどのコマンドを打つべきか悩みます。

そんなときは git status コマンドを打つことをおすすめします。

git status のメッセージ欄には、コミットまでに必要な動作が一通り記載されているからです。

git status コマンドで確認できる内容が以下になります。

  • チェックアウトしているブランチ(今いるブランチ)情報
  • ファイルのステージング方法
  • 作業内容を巻き戻す方法
  • 間違えてadd(ステージング)したファイルの取り消し方法
  • 未追跡ファイルの確認

実際にコマンドを打って確認してみます。

 

復習

自分が編集した作業ディレクトリが最新の状態になります。Gitでの操作は、その最新の状態を「ステージング・エリア」と「Gitディレクトリ」に反映させていく流れになります。

Gitディレクトリ

コミットされたファイルの集まりです。
git pushでリモートに反映されます。

 

ステージング・エリア

作業ディレクトリからgit addされたファイルの集まりです。
コミットするファイルをここから選択します。

 

作業ディレクトリ

ローカルで編集しているディレクトリです。自分が編集したファイルの集まりです。

 

git status の中身

それでは、一つずつ説明していきます。

 

チェックアウトしているブランチ情報

現在のブランチ情報です。今は master ブランチにいることがわかります。

ポイント

この例ではmasterブランチで作業をしていますが、普通はブランチを切って作業をします。

 

プッシュするファイルの情報(Gitディレクトリ)

コミットしたファイルの情報です。

変更内容を確認したい場合
1)過去のコミットログを確認

$ git log 

 

2)コミットログから自分が変更を見たい commit id を入力

$ git diff [commit id]

 

コミット対象ファイルの情報(ステージング・エリア)

git add コマンドでステージングされた、コミット対象ファイルです。

コメントでステージングの取り消し方法が記載さています。

 

ステージング対象ファイルの情報(作業ディレクトリ)

ステージング対象ファイルです。(自分の作業ディレクトリのみで変更されている)

ステージングしたいファイルにはgit add [file name] コマンドを打ちます。

 

未追跡ファイルの情報

ここにはgitで管理されていないファイル一覧が並びます。

作業ディレクトリに新たなファイルを加えると、未追跡ファイルに分類されます。

git addコマンドを打つと管理対象になります。

未追跡ファイルを削除する方法
1)git clean -n で削除する未追跡ファイルを確認

$ git clean -n

 

2)未追跡ファイルを削除

$ git clean -f

 
git statusコマンドについては以上です。

本庄マサノリ

仕事でLaravelを使っています。気づいたことや新しい発見など情報を発信していきます。メールはこちら

 

-環境構築