Laravel学習帳

Laravel5.2の学習帳です。開発環境はXAMPP for Windows 5.6.19 / 本番環境はさくらサーバー(スタンダード)

環境構築

ローカル環境の整備

2017/04/18

mainvisual

今回はローカル環境の整備をします。

まず、デプロイするときにわかりやすくするために、ローカル(XAMPP)にあるディレクトリ構成と本番サーバ(サクラレンタルサーバ)のディレクトリ構成を同じようにします。

次に画像やリンク先、外部ファイルのパスをルートパスで記述できるようにします。

 

目標

・ディレクトリ構造をあわせる

img03

 
・ルートパスを使えるようにする(※ドキュメントルートの変更)

img02

 

手順

【1】ドキュメントルートの変更

1) publicフォルダの中身を移動

2) index.phpの編集

【2】ルートパスを使えるようにする

1) httpd.confの編集

2) hostファイルの編集

 

【1】ドキュメントルートの変更

1) publicフォルダの中身を移動

Laravel5.2ではデフォルトで index.php は

Laravelプロジェクト名/public/

にあります。

サクラレンタルサーバではwwwフォルダがドキュメントルートになります。

なので、ローカルでもLaravelプロジェクトの一階層上にwwwフォルダを作成します。

img03

そのあと、publicフォルダにあったデータを全部wwwフォルダに移動させます。

【改訂】
シンボリックリンクを利用したほうがいいことに気が付きました。
publicフォルダにシンボリックリンクを貼る

 

2) index.phpの編集

publicフォルダにあったindex.phpを編集します。

require __DIR__.'/../{laravel_project}/bootstrap/autoload.php';
$app = require_once __DIR__.'/../{laravel_project}/bootstrap/app.php';
【解説】
userディレクトリはLaravelプロジェクト名になります。

 

【2】ルートパスを使えるようにする

1) httpd.confの編集

xamppをCドライブ直下にインストールしているならhttpd.confファイルは

C:\xampp\apache\conf

にあります。

httpd.confファイルの末尾に以下を追加します。

<VirtualHost *:80>
DocumentRoot "C:/xampp/htdocs/www"
ServerName local.laraweb.sakura.ne.jp
</VirtualHost>
【解説】
"C:/xampp/htdocs/www"のディレクトリをドキュメントルートに設定。
ホスト名はlocal.laraweb.sakura.ne.jpに設定

 

2) hostファイルの編集

hostsファイルは以下にあります。

C:\Windows\System32\drivers\etc\hosts

hostsファイルの末尾に以下のように1行追加します。

# ローカルのIPアドレス(127.0.0.1)をlocal.laraweb.sakura.ne.jpに紐付けします。
127.0.0.1 local.laraweb.sakura.ne.jp
【解説】
デフォルトだと権限がかかってhostsファイルは編集できないようになっています。
1) hostsファイルを選択した状態で右クリック
2) プロパティ->「セキュリティ」タブ
3) 編集をクリック
4) Usersを選択してUsersのアクセスを全て許可にチェック
これで編集可能になります。

 

これでローカルと本番サーバのディレクトリ構造が同じになります。

以上です。

 

-環境構築