環境構築

ローカルにある Laravel を公開サーバーにデプロイ

ローカルで開発していた Laravel プロジェクトを公開サーバー(さくら)にデプロイするときの手順をエントリーします。

 

チュートリアル

ローカル環境で開発した Laravel プロジェクト(CRUDアプリ)を公開サーバーにデプロイ。

さくらのアカウントは「laraweb」
プロジェクト名は「crud」

で話を進めます。

 

前提条件

ローカルから Bitbucke のリポジトリに push 済み

 

手順

1)リポジトリの作成(git clone)
2)シンボリックリンクを作成
3)vendorディレクトリを入れる(composer install)
4)envファイルの修正
5)マイグレーション
6)シーダー実行
7)ブラウザにアクセス

 

1)リポジトリの作成(git clone)

git clone コマンドを使って公開サーバにリポジトリを作成します。

1.さくらレンタルサーバーにSSH接続
2.ホームディレクトリに移動

% pwd
/home/laraweb

3.git clone コマンドの実行

【 構文 】
git clone [リポジトリ] [ディレクトリ]
% git clone https://laraweb@bitbucket.org/laraweb/crud.git crud

 

2)シンボリックリンクを作成

Laravel プロジェクトにある public ディレクトリをさくらの公開ディレクトリ( /home/laraweb/www/crud )へシンボリックリンクを貼ります。

1.ディレクトリを作成

% pwd
/home/laraweb/www
% mkdir crud

 
2.public の中身 ⇒ www へ移動

% pwd
/home/laraweb/crud/public
% mv index.php ../../www/crud/index.php
% mv .htaccess ../../www/crud/.htaccess
% mv web.config ../../www/crud/web.config
% mv robots.txt ../../www/crud/robots.txt
% mv favicon.ico ../../www/crud/favicon.ico

 
3.シンボリックリンクを作成

% ln -s /home/laraweb/www/crud /home/laraweb/crud/public

 
4.index.phpのパスを編集

:
#require __DIR__.'/../bootstrap/autoload.php';
require __DIR__.'/../../crud/bootstrap/autoload.php';
:
#$app = require_once __DIR__.'/../bootstrap/start.php';
$app = require_once __DIR__.'/../../crud/bootstrap/app.php';
:

 

3)vendorディレクトリを入れる(composer install)

Laravelのプロジェクトに移動してcomposerを使ってvendorディレクトリ(Laravelのライブラリ)を入れます。

% php ../composer.phar install

 

4)envファイルの修正

vimで .envファイルを修正します。

1.サーバー上で .env.example を .env にコピー

% cp .env.example .env

 
2.vimでDB情報を入力します。

% vi .env

DB_HOST = { DBのホスト名 }
DB_DATABASE = { DB名 }
DB_USERNAME = { さくらのアカウント }
DB_PASSWORD = { パスワード }
警告
DBは事前にさくらのコントロールパネルで作成しておきます。

 
3.アプリケーションキーを生成

.env.example をコピーしたものだと.envのAPP_KEYがデフォルト値のままです。

:
APP_KEY=SomeRandomStringA
:

サーバー上で以下のartisanコマンドを実行します。これにより、.envのAPP_KEYがセットされます。

% php artisan key:generate
Composer を使って Laravel をインストールすると、アプリケーションキーの生成は自動で行われます。ただ .env.example をコピーするなどして作成した場合は、手動で aritsan コマンドを実行してアプリケーションキーを作成する必要があります。

 

5)マイグレーション

% php artisan migrate

 

6)シーダー実行

% php artisan db:seed

 

7)ブラウザにアクセス

以上です。

 

-環境構築

close