Laravel学習帳

Laravel5.2の学習帳です。開発環境はXAMPP for Windows 5.6.19 / 本番環境はさくらサーバー(スタンダード)

チュートリアル

認証画面の自作 ~新規登録~

2017/07/20

認証画面を作成するにあたってまずは登録画面を作成します。

登録画面は

【1】最初に表示する登録画面(getメソッド)

【2】入力された値をDBに登録する画面(postメソッド)

の2種類を作成します。

 

【1】登録画面(get)

最初にコントローラを作成します

1)artisanコマンドでUserコントローラを作成

php artisan make:controller UserController

 

2)コントローラの編集

public function getSignup(){
  return View('user.signup');
  }
【解説】
ビューファイルを返すだけの簡単な処理です。

 

3)Bladeマスターファイルの作成

<!DOCTYPE HTML>
<html lang="ja">
<head>
  <meta charset="utf-8">
  <meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge">
  <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1">
  <title>@yield('title')</title>
  <link href="{{ url('/') }}/dist/css/vendor/bootstrap/css/bootstrap.min.css" rel="stylesheet"><!-- Loading Bootstrap -->
  <link href="{{ url('/') }}/dist/css/flat-ui.min.css" rel="stylesheet"><!-- Loading Flat UI -->
  <link href="{{ url('/') }}/css/starter-template.css" rel="stylesheet"><!--Bootstrap theme(Starter)-->

  <link rel="shortcut icon" href="{{ url('/') }}/dist/img/favicon.ico">

  <!--[if lt IE 9]>
  <script src="https://oss.maxcdn.com/html5shiv/3.7.2/html5shiv.min.js"></script>
  <script src="https://oss.maxcdn.com/respond/1.4.2/respond.min.js"></script>
  <![endif]-->
  @yield('styles')
</head>
<body>
@include('partials.header')
<div class="container">
  @yield('content')
</div><!-- /.container -->

<footer class="footer">
  <div class="container">
  <p class="text-muted">認証デモ</p>
  </div>
</footer>

<!-- Bootstrap core JavaScript
  ================================================== -->
<script src="{{ url('/') }}/dist/js/vendor/jquery.min.js"></script>
<script src="{{ url('/') }}/dist/js/vendor/video.js"></script>
<script src="{{ url('/') }}/dist/js/flat-ui.min.js"></script>

<script src="{{ url('/') }}/assets/js/prettify.js"></script>
<script src="{{ url('/') }}/assets/js/application.js"></script>

@yield('scripts')
</body>
</html>
【解説】
Bootstrapのテーマ Flat UI を使っています。
個別にCSSとJavascriptを設定できるように @yield('styles') と @yield('scripts') を追記します。

 

4)Bladeインクルードファイルの作成

グローバルメニューをインクルードファイルとして設定します。

<nav class="navbar navbar-inverse navbar-fixed-top">
  <div class="container-fluid">
  <!-- Brand and toggle get grouped for better mobile display -->
  <div class="navbar-header">
  <button type="button" class="navbar-toggle collapsed" data-toggle="collapse" data-target="#bs-example-navbar-collapse-1" aria-expanded="false">
  <span class="sr-only">Toggle navigation</span>
  <span class="icon-bar"></span>
  <span class="icon-bar"></span>
  <span class="icon-bar"></span>
  </button>
  <a class="navbar-brand" href="#">認証デモ</a>
  </div>

  <!-- Collect the nav links, forms, and other content for toggling -->
  <div class="collapse navbar-collapse" id="bs-example-navbar-collapse-1">
  <ul class="nav navbar-nav navbar-right">
  <li><a href="{{route('user.signup')}}"><i class="fa fa-shopping-cart" aria-hidden="true"></i> 新規登録</a></li>
  <li><a href="#"><i class="fa fa-shopping-cart" aria-hidden="true"></i> ログイン</a></li>
  </ul>
  </div><!-- /.navbar-collapse -->
  </div><!-- /.container-fluid -->
</nav>

 

5)Bladeブランチファイルの作成

新規登録フォームをコーディングします。

@extends('layouts.master_auth')

@section('content')
  <div class="row">
  <form action="{{ route('user.signup') }}" method="post" class="form-horizontal" style="margin-top: 50px;">
  <div class="form-group">
  <label class="col-sm-3 control-label" for="InputName">氏名</label>
  <div class="col-sm-9">
  <input type="text" name="name" class="form-control" id="InputName" placeholder="氏名">
  <!--/.col-sm-10---></div>
  <!--/form-group--></div>

  <div class="form-group">
  <label class="col-sm-3 control-label" for="InputEmail">メール・アドレス</label>
  <div class="col-sm-9">
  <input type="email" name="email" class="form-control" id="InputEmail" placeholder="メール・アドレス">
  </div>
  <!--/form-group--></div>

  <div class="form-group">
  <label class="col-sm-3 control-label" for="InputPassword">パスワード</label>
  <div class="col-sm-9">
  <input type="password" name="password" class="form-control" id="InputPassword" placeholder="パスワード">
  </div>
  <!--/form-group--></div>

  <div class="form-group">
  <label class="col-sm-3 control-label" for="area1">住所(エリア)</label>
  <div class="col-sm-9">
  <select name="area" data-toggle="select" class="form-control select select-default" id="area1">
  <option>北海道</option>
  <option>東北</option>
  <option>関東</option>
  <option>中部</option>
  <option>近畿</option>
  <option>中国</option>
  <option>四国</option>
  <option>九州</option>
  <option>沖縄</option>
  </select>
  </div>
  <!--/form-group--></div>

  <div class="form-group">
  <label class="col-sm-3 control-label" for="InputSelect">プログラム経験年数</label>
  <div class="col-sm-9">
  <div class="form-group form-group-sm">
  <label class="radio" for="ex1">
  <input type="radio" name="experience" data-toggle="radio" value="1年未満" id="ex1" required checked>
  1年未満
  </label>
  <label class="radio" for="ex2">
  <input type="radio" name="experience" data-toggle="radio" value=1年以上~3年未満" id="ex2" required>
  1年以上~3年未満
  </label>
  <label class="radio" for="ex3">
  <input type="radio" name="experience" data-toggle="radio" value="3年以上" id="ex3" required>
  3年以上
  </label>
  </div>
  </div>
  <!--/form-group--></div>

  <div class="form-group">
  <div class="col-sm-offset-3 col-sm-9">
  <button type="submit" class="btn btn-primary btn-block">新規登録</button>
  </div>
  <!--/form-group--></div>
  {{ csrf_field() }}
  </form>
  </div>
@endsection
【解説】
@extends でマスターファイル(master_auth.blade.php)を継承。
{{ csrf_field() }} でCSRF対策。

 

6)Routes.php

Route::group(['prefix' => 'user'], function() {

  Route::get('/signup',[
    'uses' => 'UserController@getSignup',
    'as' => 'user.signup'
  ]);

});
【解説】
ルーティングにプレフィックス(user)を指定します。

 

7)ブラウザで確認

ここまで、ちゃんとできてるか一度確認してみます。

【2】登録画面(post)

入力された情報をDBに追加する処理を書きます。

登録画面からPOST送信した後の処理です。

 

1)DBのテーブル作成

artisanコマンドでマイグレーションファイルの作成

php artisan make:migration create_users_talbe

 

2)マイグレーションファイルの編集

usersテーブルのカラムを仕様にそって作成します。

public function up()
  {
  Schema::create('users', function(Blueprint $table){
    $table->increments('id');
    $table->timestamps();
    $table->string('email')->unique();
    $table->string('password');
    $table->string('name');
    $table->string('area');
    $table->string('experience');
    $table->rememberToken();
  });
}

public function down()
  {
  Schema::drop('users');
  }

 

3)マイグレーションの実行

編集したマイグレーションファイルを実行します。

php artisan migrate

xamppのPhpMyadminでテーブルができているか確認してみます。

これでとりあえず入力されたデータをいれる "箱" はできました。

 

4)Userモデルを編集

Userモデルはデフォルトで作成されているのでそれを編集します。

ちなみにartisanコマンドでUserモデルを作成する場合は以下のようになります。

php artisan make:model User

Userモデルのスケルトンを編集します。

:
protected $fillable = [
  'name', 'email', 'password','area','experience',
];
:
【解説】
fillableで挿入可能なカラムを記述していきます。

 

5)コントローラに処理を追記

新規登録のpost処理を記述します。

バリデーション → DBインサート → 保存 → リダイレクト

という流れで処理を書いていきます。

public function postSignup(Request $request){
  // バリデーション
  $this->validate($request,[
    'name' => 'required',
    'email' => 'email|required|unique:users',
    'password' => 'required|min:4',
    'area' => 'required',
    'experience' => 'required'
  ]);

  // DBインサート
  $user = new User([
    'name' => $request->input('name'),
    'email' => $request->input('email'),
    'password' => bcrypt($request->input('password')),
    'area' => 'required',
    'experience' => 'required'
  ]);

  // 保存
  $user->save();

  // リダイレクト
  return redirect()->route('user.profile');
}
【注意】
Userモデルをインポートしておきます。
⇒ use App\User; ※冒頭に記述

 

6)ユーザープロファイルの作成

リダイレクト先のページを動作確認用で簡易的に作成します。

View

@extends('layouts.master_auth')

@section('content')
  <div style="margin-top: 30px; text-align: center;"><h3>新規登録完了しました。</h3></div>
@endsection

Controller

public function getProfile(){
  return view('user.profile');
}

 

7)Routes.php

post処理とプロファイル(新規登録後の画面)を追記します。

Route::group(['prefix' => 'user'], function() {

  Route::get('/signup',[
  'uses' => 'UserController@getSignup',
  'as' => 'user.signup'
  ]);

  Route::post('/signup',[
  'uses' => 'UserController@postSignup',
  'as' => 'user.signup'
  ]);

  Route::get('/profile',[
  'uses' => 'UserController@getProfile',
  'as' => 'user.profile'
  ]);
});

 

8)動作確認

1.入力画面で何か適当に入力します。

 

2.送信後、プロファイル画面にリダイレクトされているか確認。

 

3.XAMPPのPhpMyadminでレコードが追加されているか確認。

新規登録画面は以上になります。

 

-チュートリアル