本番環境のDBデータを開発環境のDBにコピーする

2019/06/24

仕事で本番サーバーにあるDBのデータをローカルの開発環境で利用する機会がありました。

Laravelで開発する上でもシーダーでデータを入れるよりも、サーバーに同様のデータがあれば当然それを利用したほうがいいでしょう。

今回はDBのデータをダンプしたり、それをリストアするやり方についてエントリーします。

 

目的

本番サーバーにあるDBをローカルの開発環境で同じように利用する。

 

手順

 

【 1 】データベースをダンプする

sshで本番サーバーに接続します。

sshクライアントソフトは" Poderosa(ポデローサ) "を利用します。

Poderosa

サーバーに接続できたら"mysqldump"コマンドを実行します。

 
 mysqldump -h {ホスト名} -u {ユーザー名} -p {データベース名} > {ダンプファイル名}.sql
 
ポイント

ホスト名はさくらサーバーの場合 "mysql***.db.sakura.ne.jp" になります。
WEBサーバーとDBサーバーが同じ場合は "localhost" になります。
オプションの "-h" はホスト名を指定しないといけないのでIPアドレスを指定しても上手くいきません。

上記のコマンドでデータベース丸ごとのダンプファイルがカレントディレクトリにできます。

ポイント
テーブルごとにダンプデータをとる場合
 
 mysqldump -h {ホスト名} -u {ユーザー名} -p -t {データベース名} {テーブル名} > {ダンプファイル名}.sql
 

 

【 2 】ダンプしたファイルをダウンロード

次にカレントディレクトリに出来たダンプファイルをローカルにダウンロードするのですが、これはscpコマンドを使います。

poderosaではscpを手軽るにできる仕組みが用意されているのでそれを利用します。

まずはツールバーにあるSCPというアイコンをクリックします。

ポイント

ダンプしたファイルをダウンロードしたら削除します。

 
$ rm { ファイル名 }

# ワイルドカードも使えます。
# 冒頭に『1905』が付くファイル名を全部削除
$ rm 1905*.sql 
 

 

【 3 】ダウンロードしたダンプファイルをリストア

poderosa の scp でダウンロードしたダンプファイルをリストアします。

XAMPP についている PhpMyAdmin でリストアしてもいいのですが、容量制限がかかっているのでコマンドプロンプトでリストアします。

コマンドプロンプトを起動して以下のコマンドを実行します。


# ダンプファイルをCドライブ直下に保存した場合です。
> cd C:\
> mysql -u { user_name } -p { db_name } < { dumpfile.sql }

上記のコマンドを実行後、パスワードを入れたらリストア完了です。

以上です。

 

さくらのレンタルサーバ スタンダード

当サイトで実演 & 解説している Laravel のプログラムは「さくらのレンタルサーバー」の「スタンダード」プランの環境を前提にして解説しています。非常にコスパがよく利用者からも評価が高いサーバーです。もし、当サイトで解説している Laravel のチュートリアルを同じ環境で試して動かしてみたい方はおススメのサーバーです。

公式サイトで詳細を見る

オススメ

 

本庄マサノリ

仕事で Laravel を使っています。気づいたことや新しい発見など情報を発信していきます。問い合わせはこちら

>> Twitter をフォローする

 

-環境構築