ローカルにある Laravel を公開サーバー(さくら)に Git でデプロイする手順

2019/06/21

ローカルで開発していた Laravel プロジェクトを公開サーバー(さくら)にデプロイするときの手順をエントリーします。

 

演習

ローカル環境で開発した Laravel プロジェクト(CRUDアプリ)を公開サーバーにデプロイ。

さくらのアカウントは「laraweb」
プロジェクト名は「crud」

で話を進めます。

 

前提条件

ローカルから Bitbucke のリポジトリに push 済み

 
手順

 

1)リポジトリの作成(git clone)

git clone コマンドを使って公開サーバにリポジトリを作成します。

1.さくらレンタルサーバーにSSH接続
2.ホームディレクトリに移動


% pwd
/home/laraweb

 
3.git clone コマンドの実行


% git clone https://laraweb@bitbucket.org/laraweb/crud.git crud

ポイント
【 構文 】

git clone [リポジトリ] [ディレクトリ]

 

2)シンボリックリンクを作成

Laravel プロジェクトにある public ディレクトリをさくらの公開ディレクトリ( /home/laraweb/www/crud )へシンボリックリンクを貼ります。

1.ディレクトリを作成


% pwd
/home/laraweb/www
% mkdir crud

 
2.public の中身 ⇒ www へ移動


% pwd
/home/laraweb/crud/public
% mv index.php ../../www/crud/index.php
% mv .htaccess ../../www/crud/.htaccess
% mv web.config ../../www/crud/web.config
% mv robots.txt ../../www/crud/robots.txt
% mv favicon.ico ../../www/crud/favicon.ico

 
3.シンボリックリンクを作成


% ln -s /home/laraweb/www/crud /home/laraweb/crud/public

 
4.index.phpのパスを編集


:
#require __DIR__.'/../bootstrap/autoload.php';
require __DIR__.'/../../crud/bootstrap/autoload.php';
:
#$app = require_once __DIR__.'/../bootstrap/start.php';
$app = require_once __DIR__.'/../../crud/bootstrap/app.php';
:

 

3)vendorディレクトリを入れる(composer install)

Laravelのプロジェクトに移動してcomposerを使ってvendorディレクトリ(Laravelのライブラリ)を入れます。


% php composer.phar install

ポイント

事前に composer をインストールしておきましょう。
composer のインストールのやり方は以下をご参考ください。

 

4)envファイルの修正

vimで .envファイルを修正します。

1.サーバー上で .env.example を .env にコピー


% cp .env.example .env

 
2.vimでDB情報を入力します。


% vi .env

DB_HOST = { DBのホスト名 }
DB_DATABASE = { DB名 }
DB_USERNAME = { さくらのアカウント }
DB_PASSWORD = { パスワード }

ポイント

DBは事前にさくらのコントロールパネルで作成しておきます。

 
3.アプリケーションキーを生成

.env.example をコピーしたものだと.envのAPP_KEYがデフォルト値のままです。


#.env
:
APP_KEY=SomeRandomStringA
:

 
サーバー上で以下の artisanコマンドを実行します。これにより、.envのAPP_KEYがセットされます。


% php artisan key:generate

ポイント

Composer を使って Laravel をインストールすると、アプリケーションキーの生成は自動で行われます。ただ .env.example をコピーするなどして作成した場合は、手動で aritsan コマンドを実行してアプリケーションキーを作成する必要があります。

 

5)マイグレーション


% php artisan migrate

 

6)シーダー実行


% php artisan db:seed

 

7)ブラウザにアクセス

以上です。

 

さくらのレンタルサーバ スタンダード

当サイトで実演 & 解説している Laravel のプログラムは「さくらのレンタルサーバー」の「スタンダード」プランの環境を前提にして解説しています。非常にコスパがよく利用者からも評価が高いサーバーです。もし、当サイトで解説している Laravel のチュートリアルを同じ環境で試して動かしてみたい方はおススメのサーバーです。

公式サイトで詳細を見る

オススメ

 

本庄マサノリ

仕事でLaravelを使っています。気づいたことや新しい発見など情報を発信していきます。メールはこちら

 

-環境構築