Windows 10 proでHyper-Vの有効化

2019/12/09

Windows10 Pro だと、標準で仮想化機能「Hyper-V」が装備されています。この機能を使うことで、Windows10上で異なるOSを動かして各種テストを行うことができます。

確か、下位のバージョンである Windows8 にも搭載されていたと思うのですが、Windows10 Homeには搭載されていないそうです。

Docker 環境を構築するには何かしらの仮想化ソフトウェアをインストールする必要があるのですが、Windowsユーザーはこの「Hyper-V」を使う人が多いです。

今回は Windows10 pro で Hyper-V を有効化したエントリーをします。

 

手順

BIOSの設定変更

Hyper-Vをはじめとする仮想環境ツールは、BIOSで Virtualization Technology(VTx) を有効にしないといけません。(※Windows Updateの問題かもしれません)

Virtualization Technology を有効にするために、まずはBIOS立ち上げます。

パソコンの電源をオンにしたら、メーカーのロゴが表示されている短い間に各PCメーカーに対応したキーを押してください(何度か押すとうまくいきます)

 

PCメーカーごとのBIOS起動手順
NEC、富士通、東芝、VAIO、パナソニック、ASUS F2
Lenovo F1
HP F10
Dell F2 または Ctrl + Alt + Enter
FRONTIER ほとんど del 。一部 F2

 
自分のPCはメーカーがHPなので、F10を連打してBIOSを起動しました。

マザーボード毎に設定方法は異なるので「Virtualization Technology」の項目はネットで調べるよりも自分で探すほうが早かったりします。

自分の場合は「Advanced」->「System Options」に「Virtualization Technology」の項目がありました。

チェックを入れて、設定を保存してOKです。

 

Hyper-Vの有効化

コントロールパネルから「Hyper-V」を有効化にしてインストールします。

「コントロールパネル」->「プログラム」->「Windowsの機能の有効化または無効化」

Hyper-Vにチェックを入れて閉じます。この時、「Hyper-V Hypervisor」がチェックできない場合、先ほどやったBISOでの「Virtualization Tchnology(VTx)」がちゃんと有効化になっていない恐れがあるので、再度確認してみてください。

この後、再起動を促されるので実施します。

これで Docker for Windows のインストールをする準備が整いました。

 
以上です。

 

自宅ではじめるDocker入門

Docker関連の数ある本でも、図や丁寧な解説で「わかりやすい」と評判がいい本です。コマンドを叩きながら、Dockerにおける「イメージ」「コンテナ」が理解できます。まだ、Kindle版が出てないのは惜しいですが、Docker入門としておススメの1冊です。

Amazonで詳細を見る

オススメ

 

本庄マサノリ

仕事で Laravel を使っています。気づいたことや新しい発見など情報を発信していきます。問い合わせはこちら

>> Twitter をフォローする

 

-環境構築