AWS EC2にLaravel+Laradockをデプロイ(STEP2:EC2インスタンスの作成)

AWS EC2 に「Laravel+Laradock」をデプロイするシリーズの第2回目です。

イントロは以下になります。

前回はVPCの作成をしました。(※VPC自体と一緒に1つ目のサブネットも作成される)

今回は作成したVPC上にEC2インスタンス(サーバー)を作成していきます。

「インスタンス」「AMI」「セキュリティーグループ」「キーぺア」についての用語の説明は割愛します。詳しく知りたい方は こちら の書籍だと分かりやすく解説されているのでおススメです。

 

手順

 

1.EC2管理ページを開く

EC2管理ページを開きます。

 

2.EC2インスタンスの作成

1.Webサーバの作成を行います

リージョンが「東京」になっていることを確認して「インスタンスの起動」をクリック。

 

2.AMIを選択

AMIは「ubuntu 16.04」を選択。

AMIを「ubuntu 16.04」に選択した理由は、ローカル環境の仮想OSに合わせたためです。(※Laradockを止めて、Laravelだけクローンする可能性も残すため)

 

 

3.インスタンスタイプの選択

無料利用枠の「t2.micro」を利用します。

無料と言ってもAWSアカウントを新規作成してから1年間だけです。

 

4.インスタンスの詳細設定

VPCを選択する項目では、前回作成した 自分のVPCを選択してください。
「ネットワーク」「サブネット」「自動割り当てパブリックIP」を設定したら画面一番下にある「ストレージの追加」をクリック。

 

5.ストレージの追加

ストレージは変更せずに、次に進みます。「次のステップ:タグの追加」をクリック。

 

6.タグの追加

インスタンスを区別できるようにタグに名前を設定します。

IAMユーザを利用している場合、他ユーザと区別が付くように「-user1」等ユーザ名をつけるようにします。

 

7.セキュリティーグループを設定

セキュリティーグループ(ファイアウォール)を設定します。「SSH」の22ポートに加えて、「HTTP」の80ポートも追加。

 

8.インスタンスの作成(確認作業)

画面を下にスクロールさせて設定内容を確認してから作成ボタンをクリック。

 

3.キーペアの作成

インスタンスの「作成」ボタンをクリックすると、以下のようにキーペアの作成画面が表示されます。キーペアを作成してEC2に関連付けます。

ダウンロードしたキーペアはSSHでEC2にログインする際に使用します。

キーペアを作成し、ダウンロードしたら、最後に「インスタンスの作成」をクリック。以下の画面になります。

 

4.作成したEC2インスタンスを確認

先ほどの画面で「インスタンスの表示」をクリックすると、以下の画面になります。

最初はステータスチェックでは「初期化しています」になっています。数分後、「2/2のチェックに合格しました」になります。

 
EC2インスタンスの作成は以上になります。

 

図解即戦力 Amazon Web Servicesのしくみと技術がこれ1冊でしっかりわかる教科書

自分はネットワークの基礎知識が多少あったので、AWSでのデプロイを舐めてかかったら手酷くやられてしまいました(苦笑)AWSの専門用語が多すぎて、ハンズオン資料の流れが理解できなかったからです。本書では概念図と丁寧な用語解説がされているので、用語の整理にはなります。(※業務的な内容はありません。)ハンズオン資料はネットにあるので、まずはAWSの用語を本書で抑えてからEC2インスタンスの作成を始めると上手くいくと思います。

Amazonで詳細を見る

オススメ

 

本庄マサノリ

仕事で Laravel を使っています。気づいたことや新しい発見など情報を発信していきます。問い合わせはこちら

>> Twitter をフォローする

 

-チュートリアル, 環境構築

おすすめ記事

動画で学習するなら ドットインストール、Schoo、Udemyのどれがいい?

フリーランスを目指すなら フリーランスエージェントTOP3