CRUDアプリの作成 STEP1:「ビュー」の作成

以前、「チュートリアル 初級」のカテゴリにてCRUDアプリの作成についてエントリーをしました。

ただ、だいぶん前にエントリーした記事なので内容が古くなってきました。

今回はこの記事を更新していこうと思います。

まず、第一回目として「ビュー」の作成からはじめます。

 

前提条件

Laravel が採用しているテンプレートエンジン「Blade」のレイアウト定義がわかっているとします。

ただ、Bootstrap の CSS をそのまま使うと、どうしても「Bootstrap臭」が前面に出てしまいます。

余力がある方は Sass でカスタマイズしてみるのもいいかと思います。

 

今回のゴール地点

今回はビューの画面だけ作成します。

DBのテーブルは作成しないので、サンプルテキストをいれました。

 

HTMLコーディング

Blade機能のレイアウト定義します。

共通する部分は「親」として定義し、流動的な部分は「子」として定義します。

また、「ヘッダー」と「フッター」はインクルードファイルに指定し、細分化しました。

 

親のビュー(resources\views\layouts\master_bootstrap.blade.php)

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
    <meta charset="utf-8">
    <meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge">
    <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1">
    <title>@yield('title')</title>

    <!--Bootstrap CSS -->
    {{--<link rel="stylesheet" href="https://stackpath.bootstrapcdn.com/bootstrap/4.3.1/css/bootstrap.min.css">--}}
    <link rel="stylesheet" href="{{ asset('css/app.css') }}">

    <!--Font Awesome5-->
    <link rel="stylesheet" href="https://use.fontawesome.com/releases/v5.6.3/css/all.css">

</head>
<body class="d-flex flex-column">

<!-- ヘッダー -->
@include('layouts.header_bootstrap')

<!-- コンテンツ -->
@yield('content')

<!-- フッター -->
@include('layouts.footer_bootstrap')

</body>
<!-- Optional JavaScript -->
<!-- jQuery first, then Popper.js, then Bootstrap JS -->
<script src="https://code.jquery.com/jquery-3.3.1.slim.min.js">
<script src="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/popper.js/1.14.7/umd/popper.min.js" ></script>
<script src="https://stackpath.bootstrapcdn.com/bootstrap/4.3.1/js/bootstrap.min.js" ></script>
</body>
</html>

 

ヘッダー(resources\views\layouts\header_bootstrap.blade.php)

<!-- Navigation -->
<nav class="navbar navbar-expand-lg navbar-dark bg-primary static-top">
    <div class="container">
        <a class="navbar-brand" href="#">
            <img src="{{ asset('/assets/images/bootstrap_tmp/logo.svg') }}" alt="Laravel学習用">
        </a>
        <button class="navbar-toggler" type="button" data-toggle="collapse" data-target="#navbarResponsive" aria-controls="navbarResponsive" aria-expanded="false" aria-label="Toggle navigation">
            <span class="navbar-toggler-icon"></span>
        </button>
        <div class="collapse navbar-collapse" id="navbarResponsive">
            <ul class="navbar-nav ml-auto">
                <li class="nav-item active">
                    <a class="nav-link" href="#">Home
                        <span class="sr-only">(current)</span>
                    </a>
                </li>
                <li class="nav-item">
                    <a class="nav-link" href="#">About</a>
                </li>
                <li class="nav-item">
                    <a class="nav-link" href="#">Services</a>
                </li>
                <li class="nav-item">
                    <a class="nav-link" href="#">Contact</a>
                </li>
            </ul>
        </div>
    </div>
</nav>
<!-- / Navigation -->

 

フッター(resources\views\layouts\footer_bootstrap.blade.php)

<!-- Footer -->
<footer id="sticky-footer" class="py-4 bg-dark text-white-50">
    <div class="container text-center">
        <small>Copyright &copy; Your Website</small>
    </div>
</footer>
<!-- / Footer -->

 

子のビュー(resources\views\boot_template\index.blade.php)

@extends('layouts.master_bootstrap_v2') {{-- テンプレート(CSSカスタマイズ版)読み込み --}}
@section('title', 'Laravel CRUD APP チュートリアル') {{-- サイトタイトル定義 --}}
@section('content')
    <!-- Page Content -->
    <div id="page-content">
        <div class="container">
            <div class="row justify-content-left">
                <div class="col-md-12">
                    <h1 class="font-weight-light mt-4">Laravel CRUD APP チュートリアル</h1>
                    <p class="lead">
                        このページは「Laravel CRUD APP」のデモページです。<br>
                    </p>

                    <!-- Page Content -->
                    <div class="container mt-5">

                        <!-- 検索フォーム -->
                        <div class="row" style="padding-bottom: 30px; margin-left: 0px; margin-right: 15px;">
                            <div class="col-sm-10" style="padding-left:0;">
                                <form method="get" action="" class="form-inline">
                                    <div class="form-group">
                                        <input type="text" name="keyword" class="form-control" value="" placeholder="検索キーワード">
                                    </div>
                                    <div class="form-group">
                                        <input type="submit" value="検索" class="btn btn-info" style="margin-left: 15px; color:white;">
                                    </div>
                                </form>
                            </div>
                            <div class="col-sm-2" style="padding-left: 0;">
                                <a href="#" class="btn" style="background-color: #f0ad4e; color: white; width: 100px;"><i class="fas fa-plus"></i> 新規登録</a>
                            </div>
                        </div>

                        {{Form::open(['url' => '/', 'files' => true])}}
                        {{Form::token()}}

                            <!--テーブル-->
                            <div class="table-responsive">
                                <table class="table" style="width: 1000px; max-width: 0 auto;">
                                    <tr class="table-info">
                                        <th scope="col" width="10%">#</th>
                                        <th scope="col" width="15%">名前</th>
                                        <th scope="col" width="30%">Email</th>
                                        <th scope="col" width="15%">TEL</th>
                                        <th scope="col" width="30%" colspan="3">OPTION</th>
                                    </tr>
                                    <tr>
                                        <th scope="row">1</th>
                                        <td>ダミー テスト①</td>
                                        <td>test1@test1.com</td>
                                        <td>080-1111-1111</td>
                                        <td><button type="button" class="btn btn-success">詳細</button></td>
                                        <td><button type="button" class="btn btn-primary">編集</button></td>
                                        <td><button type="button" class="btn btn-danger">削除</button></td>
                                    </tr>
                                    <tr>
                                        <th scope="row">2</th>
                                        <td>ダミー テスト②</td>
                                        <td>test@test2.com</td>
                                        <td>080-2222-2222</td>
                                        <td><button type="button" class="btn btn-success">詳細</button></td>
                                        <td><button type="button" class="btn btn-primary">編集</button></td>
                                        <td><button type="button" class="btn btn-danger">削除</button></td>
                                    </tr>
                                    <tr>
                                        <th scope="row">3</th>
                                        <td>ダミー テスト③</td>
                                        <td>test@test3.com</td>
                                        <td>080-3333-3333</td>
                                        <td><button type="button" class="btn btn-success">詳細</button></td>
                                        <td><button type="button" class="btn btn-primary">編集</button></td>
                                        <td><button type="button" class="btn btn-danger">削除</button></td>
                                    </tr>
                                </table>
                            </div>
                            <!--/テーブル-->

                        {{Form::close()}}

                    </div><!-- /container -->
                </div>
            </div>
        </div>
    </div>
    <!-- / Page Content -->
@endsection

 

Bootstrap4 ポイント①

レスポンステーブルを使用すると、テーブルを水平方向にスクロールさせることができます。.table .table-responsive でラップすると実現できます。

 

Bootstrap4 ポイント②

・インラインで表示したい場合は、form に .form-inline を追加。
・「検索テキストフォーム」「検索ボタン」を .form-group でラッピング。

 

プレビュー

プレビューで以下のような画面になったらOKです。

 
以上です。

次回は、「DBのテーブル作成&シーダー」をやって見ようと思います。

本庄マサノリ

仕事で Laravel を使っています。気づいたことや新しい発見など情報を発信していきます。問い合わせはこちら

>> Twitter をフォローする

 

-初級