周辺知識

Laravel プログラマーがよく使う Linux コマンド(備忘録)

WEBの開発を行っていると、SSHターミナルソフトを使ってLinuxコマンドで操作することがよくあります。

ただ、プログラミングは慣れているけど、Linuxなどのサーバー周りは苦手という人が結構多かったりします。

今回はLaravelプログラマーがよく使うLinuxコマンドをまとめてみました。

 

pwd コマンド

現在自分がいるディレクトリを教えてくれます。


% pwd
/home/laraweb

 

cd コマンド

絶対パス

他のディレクトリに移動する時に使います。

絶対パスで指定すると、自分がどのディレクトリにいても必ず移動できます。

チェック
頭に / をつける事がポイントです。

% pwd
/home/laraweb
% cd /var/www
% pwd
/var/www

 
相対パス

相対パスで指定すると現在のディレクトリを起点に移動します。


% pwd
/home/laraweb
% cd tmp
% pwd
/home/laraweb/tmp

 
~(チルダ)

~ は特殊な文字列で自分のホームに戻ります。


% pwd
/home/laraweb/tutorial/app/Http
% cd ~
% pwd
/home/laraweb

 

ls コマンド

現在のディレクトリに存在するディレクトリやファイルを表示します。


% ls
dir1 file.txt

 

cat コマンド

ファイルまたは標準入力の内容をそのまま標準出力に出力するコマンドです。
ファイルの中身を確認するのによく使います。

チェック入力の全部をターミナル上でスクロールしながら見るには less コマンドを使います。
ただ、lessコマンドの場合、日本語のコメントが文字化けするけどなんで?

% cat StudentController.php 

 

less コマンド

テキストファイルの中身をターミナル上でスクロールしながら閲覧できるコマンドです。

スペース・・・下にスクロール
b・・・上にスクロール
q ・・・lessコマンドを終了


% less routes.php

 

touch コマンド

空のファイルを作成します。


% touch { ファイル名 }

チェック
中身のあるファイルを作成する場合は vi で存在しないファイル名を指定して保存すると出来ます。

 

mkdir コマンド

ディレクトリを作成します。


% mkdir { ディレクトリ名 }

 

rm コマンド

ファイルやディレクトリを削除する時に使用します。


% rm { ファイル名 }

ディレクトリを削除したい場合


% rm -r { ファイル名 }

ディレクトリ内部の削除確認メッセージを飛ばす場合


% rm -rf { ファイル名 }

 

cp コマンド

ファイルをコピーする時に使います。

チェックLaravel 初期設定のときに .env.example をコピーして.envファイルを作成するときに利用します。

% cp { 元ファイル }   { 先ファイル }

 

mv コマンド

ファイルを移動させます。


% mv { 移動元 }   { 移動先 }

リネームする際にも使用します。

例)file.txt を file_tmp.txt にリネーム


% mv file.txt file_tmp.txt

 

ln コマンド

シンボリックリンクを張るときに使います。そこに存在しないファイルを、存在するように見せたりするコマンドです。
デプロイ周りで使われることが多いです。


% ln -s { リンク元 }   { リンク先 }

 

chmod コマンド

Linux は Windows よりもファイルやディレクトリの権限が厳しいかったりします。なので、何も考えずにファイルを作成すると見れない場合があります。その際に chmod で権限を与えます。


% chmod { パーミッション } { ファイル名/ディレクトリ名 }

 
例)全ての権限を与える


% chmod 777 { ファイル名/ディレクトリ名 }

 
例)全てのユーザーに実行権限だけ与える


% chmod +x { ファイル名/ディレクトリ名 }

 

vi コマンド

vi とは Linux を含む Unix ベースの OS で利用できるテキストエディタのことです。主にファイルを編集する時に使うコマンドです。

チェック
vi を立ち上げようとすると vim が立ち上がるケースもあります。vim は vi に少々機能追加したもので、同じものだと思っておいて困ることはありません。

% vi { ファイル名 }

viにはコマンドモードインサートモードがあり、はじめはコマンドモードで起動されます。

 
インサートモードへ変更

キーボードの i(insert)を押すと編集モードに移行します。
(※他の方法でも移行できますが、ここでは割愛します。)

 
コマンドモードへ変更

escキー を押下するとコマンドモードへ戻ります。

 
viを閉じる

[ コマンドモード ] の状態で以下を実行。

:wq 保存して終了
:q! 編集内容を保存したくない場合
チェック
保存していない状態では :q コマンドは受け付けられません。保存して終了するか、:q! コマンドで編集内容を破棄します。

 
[ ユースケース ] 文字を削除する

viコマンドで最もつまづくのが文字の削除です。入力モードのまま、上下左右へのカーソルの移動、delete、BackSpaceなどの文字をしようとすると、想定外の文字が入力されます。

1)「escキー」でコマンドモードへ変更
2)上下左右のカーソル移動後、「x」キーで一文字削除

ファイルの内容を変更するのではなく、閲覧、確認するだけなら次のコマンドを使用します。

cat 保存して終了
more 編集内容を保存したくない場合
less ファイルの内容を表示する。上下カーソルキーでスクロールができる。

僕がよく使うLinuxコマンドは以上になります。

 

-周辺知識

close