【 Laravel 】リモートリポジトリをクローンしてローカル環境で見れるようにする流れ

2019/06/26

今回は Laravel で開発したプロジェクトが置いてあるリモートリポジトリをクローンして、ローカル環境でプレビューできるようにする流れについてエントリーしたいと思います。

 

設定例
Laravelプロジェクト名:user
ローカルリポジトリ:C:\xampp\htdocs\user
リモートリポジトリ:https://laraweb@bitbucket.org/laraweb/user.git
ローカルURL:http://dev.laravel.user

 

手順

 

【 1 】git clone

まずはgit cloneを実行してローカルにソースをダウンロードします。

第一引数はクローンしたいリポジトリを指定します。

第二引数は、クローンの配置先のディレクトリを指定します。


# 書式
git clone [クローンしたいリポジトリ] [クローン先のディレクトリ(省略可)]

# 実例
git clone https://laraweb@bitbucket.org/laraweb/user.git C:\xampp\htdocs\user

ポイント

通信方式は主に3つあります。

http方式

通信速度が速く、githubなどでよく使われる形式です。


git clone http://リポジトリのurl/プロジェクト名.git

 

git方式

この方式を使用する場合「認証構造を持たない」「クローンしてきたものがread-onlyになる」(更新が行えない)などの注意点があります。
取得したいだけの場合に有用します。


git clone git://リポジトリのurl/プロジェクト名.git

 

ssh方式

個人や社内のプロジェクトでよく使われるのがこの形式です。秘密鍵の設定などもできますし、比較的安全な形式です。


git clone ssh://ユーザー名@リポジトリのurl/プロジェクト名.git

 

【 2 】composer install

vendorディレクトリ(ライブラリ群)をcomposerを使ってインストールします。


> composer install

 

【 3 】envファイルの編集

envファイルにローカル環境用のDBの接続情報を入れます。

「.env.example」を「.env」にリネームします。

デフォルトでは以下のようになっています。


DB_HOST=127.0.0.1
DB_PORT=3306
DB_DATABASE=homestead
DB_USERNAME=homestead
DB_PASSWORD=secret

ポイント

データベース名、ユーザー名、パスワードを必要に応じて変更します。
今回、何も変更せずこのままでいきました。

envファイルのAPP_KEY(アプリケーションキー)がデフォルトのままになっています。


APP_KEY=SomeRandomString

 
このままだとエラーになるので、artisanコマンドで APP_KEY を生成します。


> php artisan key:generate

ポイント

composerを使ってLaravelをインストールすると、APP_KEYの生成は自動で行われます。

 

【 4 】DBの設定

1. DB新規作成

XAMPP の phpMyAdmin にアクセスして DB を作成します。

データベース名:homestead

 

2. ユーザーアカウントの追加

phpMyAdminでユーザアカウントを作成します。

ユーザー名とパスワードは.envファイルの情報にあわせます。

ユーザー名:homestead
パスワード:secret
ポイント

『C:\xampp\mysql\lib\pluginが読み込めません』というエラーが表示された場合は
C:\xampp\mysql\lib\pluginのディレクトリを作成すると上手くいきます。

 

2. マイグレーションの実行

DBのスキーマを構築します。

コマンドプロンプトを起動してマイグレーションを実行します。


cd C:\xampp\htdocs\user
php artisan migrate

 

3. DBダンプ

本番サーバにSSHでアクセスしてダンプデータをダウンロードします。

 

【 5 】XAMPP(Apache)の設定

1. httpd.confの編集

C:\xampp\apache\conf に httpd.conf があります。

httpd.confファイルの末尾に以下を追加します。


# C:¥xampp¥apache¥conf¥httpd.conf
<VirtualHost *:80>
DocumentRoot "C:/xampp/htdocs/user/public"
ServerName dev.laravel.user
</VirtualHost>

ポイント

"C:/xampp/htdocs/user/public"ディレクトリ( LaravelプロジェクトのWEBルート )を http://dev.laravel.user でアクセスできるようにします。

 

2. hostファイルの編集

hostsファイルの末尾に以下のように1行追加します。


# C:¥Windows¥System32¥drivers¥etc¥hosts
127.0.0.1 dev.laravel.user

ポイント

hostsファイルは C:\Windows\System32\drivers\etc\hosts にあります。

 

【 6 】WEBルートの作成

さくらレンタルサーバの場合はWEBルートはLaravelプロジェクトと同階層にあるwwwフォルダです。

また僕の場合、さくらレンタルサーバ1台に複数のLaravelプロジェクトを入れているので以下のような構成になります。


┝ www
  ┝ article { Laravelプロジェクトのpublicディレクトリ中身 }
   ┝ index.php
   ┝ web.config
   ┝ .htaccess
   :
  ┝ user { Laravelプロジェクトのpublicディレクトリ中身 }
   ┝ index.php
   ┝ web.config
   ┝ .htaccess
   :
┝ user( Laravelプロジェクト )
  ┝ public ←シンボリックリンク( 実体ファイルは../www )
  ┝ app
  ┝ resources
  :

wwwディレクトリはGITクローンで落とせないのでFTPで落とします。

落としたwww/userディレクトリ(publicディレクトリ)は C:\xampp\htdocs\user{Laravelプロジェクト}\public 以下に設置します。

Bladeでのアセットの読み込みは以下をご参考ください。

 

【 7 】動作確認

xamppコントロールパネルのapacheを再起動してブラウザを起動します。

http://dev.laravel.user/crud

と入力します。

上記のように表示されればOKです。

以上です。

 

さくらのレンタルサーバ スタンダード

当サイトで実演 & 解説している Laravel のプログラムは「さくらのレンタルサーバー」の「スタンダード」プランの環境を前提にして解説しています。非常にコスパがよく利用者からも評価が高いサーバーです。もし、当サイトで解説している Laravel のチュートリアルを同じ環境で試して動かしてみたい方はおススメのサーバーです。

公式サイトで詳細を見る

オススメ

 

本庄マサノリ

仕事でLaravelを使っています。気づいたことや新しい発見など情報を発信していきます。メールはこちら

 

-環境構築