はじめてのGit Hub①(Docker環境構築をアップ)

2021/03/06

以前、ローカル環境にて Docker を使って Laravel の開発環境を構築しました。

例えば、この環境を他のPCにも構築したい場合はどうすればいいでしょうか?

Git のホスティングサーバを利用して、サーバ上に保管するやり方があります。

そのあと、他の PC から Git のホスティングサーバにアクセスしてダウンロード(git pull)します。

今回は GitHub という Git のホスティングサービスを使って Docker の環境構築データを管理してみます。

 

目的

 
「Laravelローカル環境構築(Docker)」シリーズで構築した Docker を GitHub にアップする。

"src"ディレクトリ直下にあるLaravelのプロジェクト(※ここでは "laraveltokyo"ディレクトリ)は .gitignore で管理対象外にします。
ここは各PCごとにlaravelをインストールすることとします。

 

ディレクトリ構造

リポジトリは以下のようになります。


DockerPractice
 ┣ docker(docker本体)
 ┣ src(laravel本体)← ※ここは管理対象外
 ┣ .gitignore
 ┣ docker-compose.yml
 ┣ README.md

 

 

手順

 

1)GitHubのアカウント登録

GitHubのトップページにアクセスして、まずはアカウント登録を行います。

GitHub

続いて、プランを選択します。有料のプランもありますが、無料で使えるプランもあります。

登録したメールアドレスに認証のメールが届きます。メールの内容に従ってユーザ認証を行います。

以上でGitHubのアカウント登録は完了です。

 

2)GitHubでリポジトリを作成

GitHubにログインした状態でマイページのTOPに行きます。

リポジトリ(※保管場所)を作成します。下記の画像のようにプルダウンメニューから「New repository」を選択するか、サイドメニューにある「Create a repository」をクリックします。

 
次に表示される画面にて、「Repository name」と「Description」を入力します。

また、リポジトリの種類を「Public」(※公開)か「Private」(※非公開)を選択。

以前、GitHubでは非公開リポジトリの作成を無料ではできなかったのですが、今は作成できるみたいですね。

最後に、リポジトリの中にあらかじめ README ファイルを作成しておく場合は「initialize this repository with a README」にチェックを入れます。

「.gitignore」や「license」の項目については後で追加や変更ができるので、ここでは「None」を選択しました。

必須項目の入力が終わり「Create repository」ボタンをクリックするとリポジトリの作成は完了です。

次の画面で、リモートリポジトリのアドレスが表示されます。

次の作業でこのアドレスを使うので控えておきます。

 

3)Docker環境構築を Git Hub へ PUSH

Git Bashを起動して、以下のGitコマンドを実行していきます。

Gitコマンドについて不安な方は以下をご参考ください。


# プロジェクトに移動
$ cd DockerPractice

# リポジトリの作成
$ git init

# ローカルホストでREADME.mdファイルを作成し、リポジトリを更新
$ echo "# リポジトリ名" >> README.md
# 実例
$ echo "# docker_practice" >> README.md

# コミットする
$ git add README.md
$ git commit -m "first commit"

# リモートリポジトリのアドレスをoriginという名前に紐づける
$ git remote add origin https://github.com/{ユーザー名}/{リポジトリ名}.git
# 実例
$ git remote add origin https://github.com/honjou/docker_practice.git

# ローカルリポジトリを、先ほど作成したリモートリポジトリへプッシュ
# オプションの "u" はプッシュしたリポジトリの上流ブランチを設定するオプション
# 次回から git push だけで勝手に origin master で pushしてくれる
$ git push -u origin master

 

 
プッシュすると以下のようにGitHubの認証画面が表示されるので「Sign in with your browser」をクリックします。

ログイン認証が成功するとGitHubにプッシュされます。

 

4)GitHubのリポジトリ(リモートリポジトリ)を確認

もう一度、GitHubに戻って確認します。

README.md が追加されていればOKです。

 

5).gitignore を作成

次に Dockerファイルをプッシュします。

srcディレクトリ以降にあるLaravelプロジェクトは .gitignore で管理対象外にします。

DockerPracticeディレクトリ直下に .gitignore を作成して以下のように記述します。

(※自分の場合、PHPStormを使っているので .ideaディレクトリも管理対象外にしました。)


# .gitignore
# ディレクトリ名は、末尾に"/"を付けて指定します
# laravelプロジェクト
laraveltokyo/

# IntelliJ
.idea/

 

 

6)Dockerファイルをプッシュ

git status コマンドでGitの管理対象に外れているか確認します。

以下のように外れていればOKです。

コミットして Git Hub にプッシュします。


$ git add --all
$ git commit -m "Docker環境構築追加"
$ git push

 

 

7)Git Hub で確認

上記のように表示されればOKです。

以上です。

 

【改訂新版】Gitポケットリファレンス

Gitの初歩的なことは一通り勉強していて、さらにもっとGitを使いこなしたいと思っている人におススメの本です。中身は基本的にリファレンスです。ただ、コマンドレベルの説明だけではなく、「使い方」や「エラーと対処法」など実用レベルで記述されています。普段のルーチン作業だけでは、すぐに細かいコマンドとか忘れがちになります。何かあったときのための備えとして、または辞書としてお手元に置いておくのもありかと思います。

Amazonで詳細を見る

オススメ

 

本庄マサノリ

仕事で Laravel を使っています。気づいたことや新しい発見など情報を発信していきます。問い合わせはこちら

>> Twitter をフォローする

 

-環境構築