AWS EC2にLaravel+Laradockをデプロイ(STEP4:SSHでログイン)

AWS EC2 に「Laravel + Laradock」をデプロイするシリーズの第4回目です。

イントロは以下になります。

前回は Elastic IP を取得してインスタンスに紐づけました。

今回はこのIPアドレスを使って、SSHでEC2インスタンスにアクセスしてみます。

SSHクライアントソフトは Poderosa を使いました。GUIがとてもクールで「スターウォーズエフェクト」というジョーク機能もついておススメです。

 

手順

 

1.SSHクライアントのダウンロード

SSHで作成したAWSのインスタンスにアクセスします。

SSHクライアントソフトは Poderosa を選択しました。

Poderosa 日本語公式サイト

上記の公式サイトにアクセスしてソフトをダウンロードインストールします。

ライセンス購入をしなくても無期限かつほとんど機能制限なく試用できますが、継続してお使いになる場合はライセンス購入をしましょう。(※年間 3,300円)

 

2.SSHクライアントの設定

1.ソフトを起動して、イルカ(?)みたいなアイコンをクリック→「新しい接続」の「SSH」をクリック

 

2.接続先を設定します。

(1)接続先にElastic IPを入力
(2)アカウントは「ubuntu」(※ "ec2-user" でないので注意!)
(3)認証方式は「秘密鍵を使用」にチェックしてダウンロードしたペアキーを指定

 
(4)パスフレーズの入力画面では設定していないので、何も入力せずそのままOK

 
(5)最後に「接続」をクリック

 

3.EC2インスタンスにログイン

これまでのSSHクライアントソフトに比べてGUIがカッコいいですね。

次回以降は、イルカみたいなアイコンをクリック→「履歴から接続」で接続できます。

 
EC2インスタンスへのSSHでのログインは以上になります。

 

図解即戦力 Amazon Web Servicesのしくみと技術がこれ1冊でしっかりわかる教科書

自分はネットワークの基礎知識が多少あったので、AWSでのデプロイを舐めてかかったら手酷くやられてしまいました(苦笑)AWSの専門用語が多すぎて、ハンズオン資料の流れが理解できなかったからです。本書では概念図と丁寧な用語解説がされているので、用語の整理にはなります。(※業務的な内容はありません。)ハンズオン資料はネットにあるので、まずはAWSの用語を本書で抑えてからEC2インスタンスの作成を始めると上手くいくと思います。

Amazonで詳細を見る

オススメ

 

本庄マサノリ

仕事で Laravel を使っています。気づいたことや新しい発見など情報を発信していきます。問い合わせはこちら

>> Twitter をフォローする

 

-チュートリアル, 環境構築

おすすめ記事

動画で学習するなら ドットインストール、Schoo、Udemyのどれがいい?

独学に限界を感じたら Laravelが学べる!おススメのプログラミングスクール

フリーランスを目指すなら フリーランスエージェントTOP3