AWS EC2にLaravel+Laradockをデプロイ(STEP5:ソフトのインストール)

AWS EC2 に「Laravel + Laradock」をデプロイするシリーズの第5回目です。

イントロは以下になります。

前回は SSH で AWS EC2 にアクセスしました。

今回はこの SSH を使って、EC2 に GitDocker/Docker Compose をインストールしてみます。

 

手順

 

1.apt-get(パッケージ管理)の更新

1.EC2内への変更はスーパーユーザーで行わないといけません。毎回 sudoコマンドを打つのが面倒な人は sudo su コマンドでスーパーユーザーに切り替えておくと便利です。


$ sudo su
root@ip:/home/ubuntu#

 

行頭にある「$(ドル)」が一般ユーザーを表し、「#(シャープ)」がrootユーザーを表します。

 
2.パッケージ管理システム(apt-get)の更新します。

Debian系のディストリビューション(Debian や Ubuntu)のパッケージ管理システムはAPT(apt-getコマンド)。

RedHat系のディストリビューション(CentOS や Fedora) のパッケージ管理システムはyum(yumコマンド)になります。

Ubuntu14.04から「apt-get」じゃなくて「apt」コマンドが推奨されています

root@ip:/home/ubuntu# apt-get update

 

 

2.Git のインストール


# Gitのインストール
root@ip:/home/ubuntu# apt-get install git

# Git初期設定
root@ip:/home/ubuntu# git config --global user.name 任意のユーザー名
root@ip:/home/ubuntu# git config --global user.email 任意のemailアドレス

 

Gitの基本的なコマンドについては別エントリーにてまとめていますので、よかったらご参考ください。

 

3.Docker のインストール

Docker公式ページを見て、ubuntu用の手順を参照します。

Docker公式(Ubuntu用)


#dockerのインストール
root@ip:/home/ubuntu# apt-get install \apt-transport-https \ca-certificates \curl \gnupg-agent \software-properties-common

root@ip:/home/ubuntu# curl -fsSL https://download.docker.com/linux/ubuntu/gpg | sudo apt-key add -

root@ip:/home/ubuntu# apt-key fingerprint 0EBFCD88

root@ip:/home/ubuntu# add-apt-repository \
                      "deb [arch=amd64] https://download.docker.com/linux/ubuntu \
                      $(lsb_release -cs) \
                      stable"

root@ip:/home/ubuntu# apt-get install docker-ce docker-ce-cli containerd.io

 

 

4.Docker Compose のインストール

次に Docker Compose をインストールするのですが、パッケージ管理コマンドで Docker Compose をインストールすると(apt-get install docker-compse)Docker Compose のバージョンが古いため、バージョン3の記述が使えません。

なので、apt-get/aptコマンドでインストールするのではなくバイナリでインストールします。

Docker Composeのバイナリでのインストールは公式サイトにも記載されています。

Docker公式サイト(Docker Composeインストール)


# Docker Composeを/usr/local/bin/へダウンロード
root@ip:/home/ubuntu# curl -L https://github.com/docker/compose/releases/download/1.22.0/docker-compose-$(uname -s)-$(uname -m) -o /usr/local/bin/docker-compose

# コマンドとして使えるようになったことの確認
# 絶対パスでdocker-composeを指定
# 面倒だと感じる方はPATHに追加するといいです
root@ip:/home/ubuntu# /usr/local/bin/docker-compose --version

 

EC2インスタンスにソフト(Git/Docker/Docker Compose)をインストールする作業は以上になります。

 

図解即戦力 Amazon Web Servicesのしくみと技術がこれ1冊でしっかりわかる教科書

自分はネットワークの基礎知識が多少あったので、AWSでのデプロイを舐めてかかったら手酷くやられてしまいました(苦笑)AWSの専門用語が多すぎて、ハンズオン資料の流れが理解できなかったからです。本書では概念図と丁寧な用語解説がされているので、用語の整理にはなります。(※業務的な内容はありません。)ハンズオン資料はネットにあるので、まずはAWSの用語を本書で抑えてからEC2インスタンスの作成を始めると上手くいくと思います。

Amazonで詳細を見る

オススメ

 

本庄マサノリ

仕事で Laravel を使っています。気づいたことや新しい発見など情報を発信していきます。問い合わせはこちら

>> Twitter をフォローする

 

-チュートリアル, 環境構築

おすすめ記事

動画で学習するなら ドットインストール、Schoo、Udemyのどれがいい?

独学に限界を感じたら Laravelが学べる!おススメのプログラミングスクール

フリーランスを目指すなら フリーランスエージェントTOP3