Laravel学習帳

Laravel5.2の学習帳です。開発環境はXAMPP for Windows 5.6.19 / 本番環境はさくらサーバー(スタンダード)

環境構築

Laravel5.2を開発するにあたっての環境構築についてまとめています。

ローカル環境:XAMPP for Windows 5.6.19
本番サーバ:さくらレンタルサーバのスタンダードプラン
  1. XAMPPでLaravelの開発環境を構築する
  2. Laravel5.2のディレクトリ構成について
  3. 初期設定について
  4. ローカル環境の整備
  5. さくらのレンタルサーバにLaravelをインストールする
  6. 開発環境と本番サーバーのDBの同期について
  7. laravelデバッグバー
  8. 【さくらレンタルサーバ】Laravelのvendorディレクトリを入れる
  9. publicフォルダにシンボリックリンクを貼る
  10. リモートリポジトリをクローンしてローカル環境で見れるようにする

 

IDE(NetBeans)による開発

ver:NetBeans8.2
  1. NetBeansでLaravel開発
  2. XDebug×NetBeansによるデバッグ環境の構築
  3. NetbeansにLaravelプラグインを導入

 

Git(SourceTree)による開発

Gitホスティングサーバ:Bitbucket
  1. SourceTreeのインストール
  2. 作業ツリーとステージ(Index)エリアの操作
  3. ローカルリポジトリに対する操作
  4. ローカルリポジトリとリモートリポジトリ間の操作
  5. プルリクエストについて
  6. ブランチについて(作業ブランチ・追跡ブランチ・リモートブランチ)
  7. さくらレンタルサーバからSSHでbitbucketの接続テスト
  8. リポジトリの作成
  9. さくらレンタルサーバへのデプロイ手順
  10. レンタルサーバに自動デプロイ

2017/11/07